全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

善寳寺五百羅漢堂 特別拝観始まる

 鶴岡市下川の龍澤山・善寳寺(五十嵐卓三住職)で1日、東北芸術工科大の協力で修復が進む五百羅漢堂の特別拝観が始まった。北前船の栄華を伝える文化遺産を一目見ようと、参拝者が足を運んでいる。

 五百羅漢堂は北前船で財を成した商人の寄進で1855年に建立。羅漢像など531体が安置されており、かつては故人の面影を500体余りの木像の中に見いだして手を合わせたとされる。木像の老朽化が進んでいることから、2016年度からは東北芸工大の協力で修復作業が行われている。これまでに28体の修復を終え、19年度分として20体を修復する計画。

 30、31の両日には同大の柿田善則教授や芸術学部文化財保存修復学科の学生ら13人が寺を訪問、18年度分で修復を終えた16体を五百羅漢堂へ戻し、19年度修復分の搬出作業を行った。

 4月19日からは、持物(じぶつ)の入れ替わりの再確認や作者の解明を目的とし、須弥壇(しゅみだん)の釈迦如来など合わせて約60体の専門家によるエックス線などによる光学調査なども実施予定。柿田教授は「この1、2年で新しい事実が多く出てくるだろう」と期待を込めた。

 特別拝観初日の1日は、参拝客や観光客が訪問。修復を終えて風格を取り戻した像をじっくりと鑑賞していた。酒田市から家族で訪れた沼澤梢さん(41)は「祖父の代まで漁業をしていたことから、何度もお参りに来ている。貴重なものを拝観できてありがたく思う」と手を合わせた。

 本年度の特別拝観は、本年度第1回として今回、1日から6月30日(日)まで。その後第2回として9月14日(土)から11月24日(日)まで開催する。

 拝観料500円で本堂や龍王殿、慈照殿も併せて拝観できる。問い合わせは善寳寺=電0235(33)3303=へ。

善寳寺の五百羅漢堂の特別拝観が始まった=1日(左)新年度修復分の羅漢像を搬出する東北芸工大関係者=31日午前

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク