全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

くじらの博物館 50周年

開館50周年を迎えた太地町立くじらの博物館(2日、太地町で)

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館が2日、1969年の開館から50周年を迎え、記念式典が同館であった。一般公募していた博物館の公式ロゴマークを発表するとともに、これまで延べ約1355万人が訪れた同館50歳の誕生日を、関係者が祝った。

 式典では、林克紀館長が「まだ盛んだった商業捕鯨が将来的に厳しくなることを予測し、クジラの恵みを生かした観光を核とする地域産業をつくり上げる方針を打ち立てた当時の町長によって創設された」と話し、開館5年後の1974年には入館者数がピークの約47万人に上ったことなど館の歴史を紹介。「今後の50年に向け、くじらの町の博物館として町民に愛され、自慢できる博物館づくりにスタッフ一同取り組んでいきたい」と抱負を述べた。
 続いて、2018年4月から12月末まで一般公募した公式ロゴマークデザインの選定結果を発表。113点の応募があり「当館をイメージでき、シンプルで分かりやすいデザイン」などとして、大阪市の会社員、西野有香さん(30)の作品を選んだ。
 雄大な海とそこから昇る朝日を背景に、悠々と泳ぐクジラをイメージした作品といい、西野さんは「旅行で来たことがあり、すごくクジラやイルカがかわいかったし、太地町の美しい自然が感じられる好きな博物館の一つ。とてもうれしい」と笑顔で話した。式典ではこのほか、大隅清治名誉館長らへの感謝状の贈呈があった。
 博物館によると、近年は10万人前後が訪れており、開館から今年3月末までの入館者数は1355万3601人に上った。
 同館ではさまざまなクジラの骨格標本や生態、捕鯨の歴史などについての資料を展示しているほか、イルカ・クジラショーを毎日開催。腹びれのあるバンドウイルカや白変種のハナゴンドウなど、貴重な鯨類の飼育で注目も集めた。現在は9種63頭の鯨類を飼育している。
 一方で、同町で行われている小型鯨類の追い込み網漁を批判的に描いた映画をきっかけに、同館が訴訟を起こされるなど反捕鯨活動家から批判の目を向けられてきた。

関連記事

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク