全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川市スポーツ合宿支援モデル事業

 豊川市は28日、市田町の赤塚山公園グラウンドで、2019年度から新たに始めるスポーツ合宿支援のモデル事業を行った。遠征で来訪した兵庫医科大学サッカー部(兵庫県西宮市)に対し、ドローン(無人航空機)による試合の撮影やミニトマトの差し入れで後押しした。  選手20人、マネジャー13人の同大サッカー部は27日から2泊3日で滞在中。夜は御津町の料理旅館・呑龍に宿泊し、日中は赤塚山グラウンドで他大学と練習試合を行っている。  28日は富山大サッカー部と練習試合をする中、市の防災対策課の職員がドローンで上空から撮影。グラウンド全面が映る高さ85㍍からの定点カメラなどで映し、DVDに記録してチームに贈った。チームは守り重視のフォーメーションで、キャプテンの森本将梧さん(23)は「これを見て戦略を練りたい」と話した。

 また、昼休みにJAひまわり提供のミニトマト「ハニーレット」約300個が配られ、選手たちが舌鼓を打った。豊川産で、疲労回復に効果があるリコピンが詰まったミニトマトに「甘くておいしい」「みずみずしい」という声が上がった。

 今回、複数の課が連携し、市の魅力も生かして学生らへのサポートを展開したように、市は新年度から、市内の宿泊施設と体育施設を利用する10人以上の団体を対象にさまざまな支援を行い、最大10万円の補助を行う新事業を始める。市教委スポーツ課の片岡謙友課長補佐は「実際に利用した学生による口コミで広まり、豊川市を使ってもらえる団体が増えれば」と期待した。  兵庫医科大サッカー部で、今回遠征先を豊川市に選定した小杉兼司さん(23)は、2年前に人工芝に改修されたグラウンドでプレーし「やりやすい芝で、空気もきれい。ほかの学部やクラブの学生にも勧めたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク