全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

クレインズまた会おう 最後の感謝デーにファン800人

日本製紙クレインズのラストファン感謝デー。選手がハイタッチでファンを見送った

 釧路を本拠地とするアイスホッケー実業団の日本製紙クレインズは3月31日、日本製紙アイスアリーナで、2018―19ラストファン感謝デーを行った。今季限りで廃部となるチームにとっては最後の公式行事。過去最多の約800人のファンが詰め掛けた。後継となる新チーム発足への動きについての報告もあり、選手とファンは、別れを惜しむより、来季の〝復活〟に向けて互いにベストを尽くすと誓い合った。

 ファン感謝デーは、選手・スタッフがホスト役となって、ファンをもてなし、交流するイベントで、毎シーズン終了時に開催している。この日は、オーナー兼代表の安永敦美日本製紙釧路工場長、小林弘明監督、佐藤博史コーチ、上野拓紀主将ら選手21人が参加。選手がサインや記念撮影などに応じる氷上交流会、クレインズグッズなどの景品が当たる抽選会を行った。

 小林監督は、今季のクレインズが2018年12月19日の廃部発表後も大崩れせず、レギュラーリーグを4位で通過し、プレーオフも5季ぶりにファイナルまで駒を進めた成績を高く評価。「価値ある準優勝。苦しい練習を乗り越えた選手の頑張り、厳しい時にも支えてくれたファンのおかげでつかむことができた」と総括、感謝した。

 ファンが気に掛けている新チームの方向性については、安永工場長が、釧路での存続を目指す、運営会社「東北海道アイスホッケークラブ合同会社」(茅森健一代表)に委ねたと報告。わずか3カ月弱で10万筆を超える署名が集まった事実が、大きな力となったとし「まだ、卵が生まれたばかりの状態。しっかり温めてふ化させるために、ファンの皆さんの支援が必要だ。ぜひとも、クレインズを羽ばたかせてください」と呼び掛けた。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク