全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国府高校マスターズ甲子園出場報告

 元高校球児らが出身校ごとに戦うマスターズ甲子園の県予選で優勝した、豊川市の県立国府高校の野球部OBチームが29日、市役所を訪れ、同校卒業生でもある山脇実市長に喜びを報告した。

 菅沼克英監督(56)の下、チームは3月に行われた県予選に初めて出場し、決勝で刈谷に11-9で逆転勝ちするなどして優勝。11月に阪神甲子園球場で行われる全国大会出場を決めた。  21歳から71歳までのOB49人が一丸となって果たした夢。勝利を手にした瞬間、多くの選手が感激のあまり涙を流した。主将の杉村大介さん(46)は「みんな何歳になっても野球小僧。力を結集して一つになれた」と話し、山田浩二総監督も「みんな泣いていて、高校生と同じだと思った」と振り返った。  来年度創立100周年を迎える同校は、1975(昭和50)年に夏の甲子園に出場している。当時、現役ナインとして甲子園でプレーした田中邦宏さん(60)と倉田(旧姓・土屋)久雄さん(59)も同席し、田中さんが「緊張してほとんど覚えていない」などと当時を振り返った。  全国大会では各チーム1試合だけを戦い、国府は11月10日に久居(三重)と対戦する。44年前の夏、同校は初戦で敗れており、当時は現地へ観戦に行けなかったという山脇市長も「あこがれの舞台に立てることはすごいこと。ぜひ1勝を挙げてほしい」とエールを送った。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク