全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本宮大社で「献湯祭」 熊野本宮温泉郷の発展を願う

ナギの葉で覆われた大だるに「一番湯」をそそぐ関係者(29日、田辺市本宮町本宮で)

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮温泉郷の発展を願う「献湯祭」が29日、地元の熊野本宮大社で営まれた。熊野本宮観光協会が毎年9月に開いているが、昨年8月の台風20号で川湯温泉街が被害を受けたため延期。全ての宿泊事業者が今年3月に営業を再開したことを受け、この時期に開いた。

 温泉という自然の恵みに感謝し、毎年営んでいる。台風20号では、川湯温泉街にある8事業者の全11宿泊施設が床上浸水の被害を受けた。
 献湯祭では、熊野本宮温泉郷(川湯、湯の峰、渡瀬)にある旅館や民宿など25軒のうち19軒の関係者が、この日最初にくんだ「一番湯」を大だるに注いだ。みこの舞や玉串の奉納もあった。
 本宮大社の九鬼家隆宮司(62)はあいさつで「台風で大きな被害を受けたが、皆さんが心を一つにして無事に復興された」と述べ、明治の水害から今年で130年を迎えることを受け、8月に慰霊祭の開催を考えていることを紹介した。
 熊野本宮観光協会の名渕敬会長(54)は「献湯祭を迎えられて本当にうれしい。改めて温泉という自然の恵みに感謝し、災害に強い観光地づくりに取り組んでいければ」と話した。<br.  境内では、熊野本宮女将の会が温泉で入れたコーヒーを振る舞った。
 観光協会によると、昨年の熊野本宮温泉郷の観光客数は宿泊客11万9759人(前年より1万5358人減)、日帰り客149万9200人(同11万7503人増)。台風被害で宿泊施設が営業を休止し、宿泊客は減ったが、熊野本宮大社創建2050年記念行事などで日帰り客は大幅に増加した。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

ほの国百貨店で「日本縦断味めぐり」

 ほの国百貨店で15日から全国の特産品を集めたイベント「日本縦断味めぐり」が始まった。28日まで。  3月15日の閉店を前に最後となる同イベントは、オリンピックイヤーにちなみ「2020 TOKYO...

シラサギの群れなど観察 市民ら新春探鳥会を楽しむ

 毎年恒例の2020年新春探鳥会(石垣市環境課主催)が12日、市内であり、市民ら12人が水鳥などの観察を楽しんだ。カンムリワシ・リサーチの小林孝代表を講師に、野鳥の種類や生態について学んだ。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク