全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本宮大社で「献湯祭」 熊野本宮温泉郷の発展を願う

ナギの葉で覆われた大だるに「一番湯」をそそぐ関係者(29日、田辺市本宮町本宮で)

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮温泉郷の発展を願う「献湯祭」が29日、地元の熊野本宮大社で営まれた。熊野本宮観光協会が毎年9月に開いているが、昨年8月の台風20号で川湯温泉街が被害を受けたため延期。全ての宿泊事業者が今年3月に営業を再開したことを受け、この時期に開いた。

 温泉という自然の恵みに感謝し、毎年営んでいる。台風20号では、川湯温泉街にある8事業者の全11宿泊施設が床上浸水の被害を受けた。
 献湯祭では、熊野本宮温泉郷(川湯、湯の峰、渡瀬)にある旅館や民宿など25軒のうち19軒の関係者が、この日最初にくんだ「一番湯」を大だるに注いだ。みこの舞や玉串の奉納もあった。
 本宮大社の九鬼家隆宮司(62)はあいさつで「台風で大きな被害を受けたが、皆さんが心を一つにして無事に復興された」と述べ、明治の水害から今年で130年を迎えることを受け、8月に慰霊祭の開催を考えていることを紹介した。
 熊野本宮観光協会の名渕敬会長(54)は「献湯祭を迎えられて本当にうれしい。改めて温泉という自然の恵みに感謝し、災害に強い観光地づくりに取り組んでいければ」と話した。<br.  境内では、熊野本宮女将の会が温泉で入れたコーヒーを振る舞った。
 観光協会によると、昨年の熊野本宮温泉郷の観光客数は宿泊客11万9759人(前年より1万5358人減)、日帰り客149万9200人(同11万7503人増)。台風被害で宿泊施設が営業を休止し、宿泊客は減ったが、熊野本宮大社創建2050年記念行事などで日帰り客は大幅に増加した。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク