全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本宮大社で「献湯祭」 熊野本宮温泉郷の発展を願う

ナギの葉で覆われた大だるに「一番湯」をそそぐ関係者(29日、田辺市本宮町本宮で)

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮温泉郷の発展を願う「献湯祭」が29日、地元の熊野本宮大社で営まれた。熊野本宮観光協会が毎年9月に開いているが、昨年8月の台風20号で川湯温泉街が被害を受けたため延期。全ての宿泊事業者が今年3月に営業を再開したことを受け、この時期に開いた。

 温泉という自然の恵みに感謝し、毎年営んでいる。台風20号では、川湯温泉街にある8事業者の全11宿泊施設が床上浸水の被害を受けた。
 献湯祭では、熊野本宮温泉郷(川湯、湯の峰、渡瀬)にある旅館や民宿など25軒のうち19軒の関係者が、この日最初にくんだ「一番湯」を大だるに注いだ。みこの舞や玉串の奉納もあった。
 本宮大社の九鬼家隆宮司(62)はあいさつで「台風で大きな被害を受けたが、皆さんが心を一つにして無事に復興された」と述べ、明治の水害から今年で130年を迎えることを受け、8月に慰霊祭の開催を考えていることを紹介した。
 熊野本宮観光協会の名渕敬会長(54)は「献湯祭を迎えられて本当にうれしい。改めて温泉という自然の恵みに感謝し、災害に強い観光地づくりに取り組んでいければ」と話した。<br.  境内では、熊野本宮女将の会が温泉で入れたコーヒーを振る舞った。
 観光協会によると、昨年の熊野本宮温泉郷の観光客数は宿泊客11万9759人(前年より1万5358人減)、日帰り客149万9200人(同11万7503人増)。台風被害で宿泊施設が営業を休止し、宿泊客は減ったが、熊野本宮大社創建2050年記念行事などで日帰り客は大幅に増加した。

関連記事

地域挙げアカハチ祭り 多彩な舞台楽しむ

 大浜の英雄オヤケアカハチをたたえ、後世に伝えるとともに地域の活性化を図ろうと大浜公民館(福島英和公民館長)が主催する第17回オヤケアカハチ祭りが13日、大浜崎原公園で開かれた。会場に詰め掛けた住民...

ラグナシアで愛犬同伴イベント始まる

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、愛犬と同伴して入園できる「わんわんウィーク」が始まった。県内外の家族連れらは犬と一緒にゲームや遊具に乗って楽しんだ。21日まで。  家族の一員や生活のパートナーに...

ヤエヤマボタルを観察 親子連れや観光客参加

 バンナ公園ホタル観察会が12日、同公園内のホタル街道で行われ、親子連れや観光客ら30人余りが参加し、暗くなった森の中を舞うホタルの光を楽しんだ。  参加者らはクイズ形式でヤエヤマボタルの生態を学...

来月22日から2日間「東三河外食産業展示会」

 東三河外食産業振興会(中村誠孝会長)は5月22、23日の両日、豊橋市神野新田町のホテル・シーパレスリゾートで26回目となる「東三河外食産業展示会」を開く。外食関連企業約120社が付加価値を高めた新商品...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク