全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

水稲の大品種「亀ノ尾」の生みの親、阿部亀治翁 生誕150年記念誌を発行

 水稲の大品種「亀ノ尾」の生みの親、阿部亀治翁(1868―1928年)の生誕150年を記念した記念誌がこのほど発行された。亀治翁の功績をはじめ、「亀ノ尾」への地域の思いなどが記された貴重な資料で、町立図書館などで閲覧できる。

 亀治翁は1893年、旧立谷沢村の熊谷神社周辺で原種を発見し、改良を重ねて「亀ノ尾」を生み出した。良食味で虫害、冷害に強く、昭和初期まで東北地方の主力品種として広く栽培され、ササニシキやコシヒカリなど良質米のルーツで、現在は酒造好適米としての需要もある。

 記念誌は阿部亀治翁顕彰会(会長・原田眞樹庄内町町長)を中心につくる「阿部亀治翁生誕百五十周年記念事業実行委員会」が亀治翁の孫、谷内昭治氏(札幌市)からの寄付金を活用して作成。昨年7月ごろから作り始め、今年3月25日に完成した。顕彰祭事業の経過や「亀の尾サミット」「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」の開催など「亀ノ尾」にまつわる各種行事、頌徳碑周辺整備工事や生誕150周年記念顕彰祭の様子を紹介する写真、生誕50周年の際に作られた「阿部亀治翁業績」復刻版などが掲載されている。

 実行委員会代表の中村準一さん(69)は「たくさんの人のつながりのおかげで完成した。図書館などに置いてあるので多くの人に読んでもらえれば」と話している。A4判。150部印刷。非売品。寄稿者や亀治の出身地である小出新田の住民に配布されるほか、町立図書館で閲覧できる。

亀治翁の功績を後世に伝える生誕150年記念誌

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク