全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖で遊んで 井川さんがカヤック体験ツアー

長野県諏訪市湖南出身で王滝村地域おこし協力隊員の井川竜太さん(26)=同村=が4月28日から週末や大型連休に諏訪湖でカヤックを楽しむ体験ツアーを定期開催する。湖畔で足こぎボートのレンタルなどを行っているホテル紅や(同市湖岸通り)の協力を得て、紅やマリーナを発着点とし、湖上を楽しむ約2時間のプログラムを計画。「諏訪湖を遊べる場所にし、利活用を進めて人が集まる場所にしたい」と話している。

井川さんは横浜の大学を卒業後に商社で働いたが、長野県で働きたい気持ちが大きくなり、2017年に同協力隊となって王滝村に移り住んだ。村での活動を続ける中で村内のダム湖や自然湖でレジャーとして行われているカヤックに出合った。

諏訪湖でのプロジェクトは、諏訪湖に集まる人を増やし、協力しあう環境が生まれれば湖の利活用の可能性が一層広まると期待する。湖上から見る諏訪の景色の素晴らしさや、高校時代の3年間に毎年出場したレガッタ大会の楽しかった思い出がよみがえり、「もっと諏訪湖を活用したい。人が集まれば夢が可能性が広がる。使わないとすたれてしまう」と企画した。その思いに紅や側が賛同した。

ツアーは1日3回で午前8~10時、10時15分~午後0時15分、1~3時の予定。初島上陸をツアーに組み込む。今年は10月中旬ごろまで続ける予定。夏には湖上に浮かぶごみを集め、沿岸をきれいにする美化活動のイベントも開きたい考え。井川さんは「諏訪湖のファンを増やしたい」と願っている。

カヤックの購入費を賄うため、クラウドファンディングも実施して協力を求めている。問い合わせは井川さん(電話090・7711・3233)へ。

関連記事

「クルーズ船に乗ろう」 シンポ開催、魅力語る 日本観光振興協、市主催

 宮古島クルーズシンポジウム(主催・日本観光振興協会、市)が20日、マティダ市民劇場で開催された。会場には市民らが多数集まり、基調講演やパネルディスカッションに耳を傾け、クルーズ船の魅力と課題につい...

長野日報社

待ち望んだ中ア絶景 駒ケ岳ロープウェイ運行再開 長野県駒ケ根市

 アクセス道路が土砂崩れで通行止めとなった影響で運休していた、中央アルプス駒ケ岳ロープウェイの運行が20日に再開され、中アに本格的な夏山シーズンが到来した。待ち望んだ観光客や登山者らが次々にゴン...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

23年度観光収入911億円 今年度で計画目標達成へ 市観光推進協

 宮古島市観光推進協議会(会長・吉井良介宮古島観光協会長)の2024年度第1回会合が16日、市役所で開かれた。第2次観光振興基本計画の進捗(しんちょく)では、23年度観光収入は約131億円増の91...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク