全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖で遊んで 井川さんがカヤック体験ツアー

長野県諏訪市湖南出身で王滝村地域おこし協力隊員の井川竜太さん(26)=同村=が4月28日から週末や大型連休に諏訪湖でカヤックを楽しむ体験ツアーを定期開催する。湖畔で足こぎボートのレンタルなどを行っているホテル紅や(同市湖岸通り)の協力を得て、紅やマリーナを発着点とし、湖上を楽しむ約2時間のプログラムを計画。「諏訪湖を遊べる場所にし、利活用を進めて人が集まる場所にしたい」と話している。

井川さんは横浜の大学を卒業後に商社で働いたが、長野県で働きたい気持ちが大きくなり、2017年に同協力隊となって王滝村に移り住んだ。村での活動を続ける中で村内のダム湖や自然湖でレジャーとして行われているカヤックに出合った。

諏訪湖でのプロジェクトは、諏訪湖に集まる人を増やし、協力しあう環境が生まれれば湖の利活用の可能性が一層広まると期待する。湖上から見る諏訪の景色の素晴らしさや、高校時代の3年間に毎年出場したレガッタ大会の楽しかった思い出がよみがえり、「もっと諏訪湖を活用したい。人が集まれば夢が可能性が広がる。使わないとすたれてしまう」と企画した。その思いに紅や側が賛同した。

ツアーは1日3回で午前8~10時、10時15分~午後0時15分、1~3時の予定。初島上陸をツアーに組み込む。今年は10月中旬ごろまで続ける予定。夏には湖上に浮かぶごみを集め、沿岸をきれいにする美化活動のイベントも開きたい考え。井川さんは「諏訪湖のファンを増やしたい」と願っている。

カヤックの購入費を賄うため、クラウドファンディングも実施して協力を求めている。問い合わせは井川さん(電話090・7711・3233)へ。

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらい...

長野日報社

幸運呼ぶハートの鉄平石 通る人に無病息災を 長野県諏訪市

幸運を呼ぶハート型の鉄平石を知っていますか―。諏訪市の特産品「鉄平石」を敷き詰めたJR上諏訪駅東口の複合商業施設「アーク諏訪」前の歩道に、赤みを帯びたハート型の小さな鉄平石がある。2019年5月...

長野日報社

「諏訪湖の花火」開幕 来月29日まで連夜彩る

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」が25日夜、開幕した。8月1~15日に行う諏訪市制施行80周年記念「第73回諏訪湖祭湖上花火Two Weeks」と合わせて8月29日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク