全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

聴覚障害者助けるバンダナ作成

 災害時の聴覚障害者支援を円滑に進めるため、豊橋市聴覚障害者協会や豊橋手話通訳学習者の会などからなる豊橋手話ネットワークが「防災バンダナ」を作った。「耳がきこえません」の文字がデザインされたバンダナを当事者が身に付けることで、これまで見えない障害とされてきた聴覚障害者が避難所で周囲の理解を得ながら、正確な情報を受け取ることが期待される。

 バンダナは半分が紫色で、聴覚障害者マークのチョウをあしらう。ピンク色のもう半分には「手話ができます」と書かれ、支援者も身に付けられる。これまで、聴覚障害者と分かる目印はなく、避難所を運営する側は存在把握が難しかった。  同ネットワークで防災を担当する聴覚障害者の淺倉基雄さん(76)=同市佐藤5=は、東日本大震災の被災地視察や被災した聴覚障害者らからの聞き取りの中で「避難所では、音だけで多くの情報が提供されていることに驚いた。また、り災証明の発行などで、通訳ができる人を探すのに苦労したとも聞いた」と課題を挙げる。  全国的にいつでも持ち歩けるバンダナの普及が始まり、同ネットワークもデンソーグループの「はあとふる基金」を活用して500枚を製作。4月から関係団体に配るほか、協会に所属していない聴覚障害者も多く、各種イベントなどでも手渡していく予定。  市内に300人ほどいると見られる聴覚障害者。淺倉さんは「当事者として動き、周囲に知ってもらわなければ支援に入ってはもらえない。ろう者自身に自覚がなく、また、支援を得ることを諦めている人もいるが、これを機に、防災意識を高めていってほしい」と力を込める。  同ネットワークはこれまで、避難所で想定される場面をあらかじめ絵と文字で説明した「避難所絵カード」と「コミュニケーション支援ボード」を市内約200カ所に設置したり、「自主防災ガイドブック」を発行したりするなど、防災に努めてきた。  今回は、手話通訳者のために黄色のビブスも10枚作り、発災後にボランティアとして専門的に支援に入る際に使う。手話通訳者の平松靖一郎さん(55)は「ちょっとした配慮をしてくれる人が増えることを期待している」と話している。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク