全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

アストロバイオロジーを体験

 宇宙生物学「アストロバイオロジー」を体験する2泊3日の学習合宿「慶應アストロバイオロジーキャンプ」が鶴岡市の鶴岡メタボロームキャンパスレクチャーホールをメーン会場に開かれている。本県を含む15都府県の高校、高専、大学、大学院生33人が26日まで、科学進化実験実習や国内外で活躍する研究者の講演などを通して最先端の科学に触れる。

 同キャンプは慶應義塾大先端生命科学研究所が主催。4年目の今回は「宇宙と地球における生命の起源および進化」をテーマに開催。

 2日目の25日は研究者による講演が行われた。「ウイルスの起源を実験室で再現する」と題して講演した東京大大学院特任教授の寺坂尚紘さんは「ウイルスの幾何学的に美しい構造はどのようにできたのか」と興味を持ったのが研究のきっかけの一つと紹介し、「細菌のタンパク質にランダムに変異を入れウイルスのように進化させることに成功したことから、ウイルスの細胞脱出説を研究している」と話した。

 愛知県の中部大工学部宇宙航空理工学科1年の山田かん奈さん(19)は「ウイルスなど見えないことを研究することは大変そうだが、自分たちに関わることだから楽しそうで興味を引かれる。今は宇宙について勉強しているが、広い視野を持って勉強したい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク