全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別産スモモでドライフルーツ 村助成活用で「パン舎」が商品化

新商品のさらべつピュアドライすももとカンパーニュ、試作検討中のパン

 道産、十勝産の原材料で作る商品が評判の村のパン店「パン舎」は更別産スモモの無添加ドライフルーツ「さらべつピュアドライすもも」(40グラム、540円)を今月中旬から店舗で販売している。

 2018年度の更別村ふるさと創生基金事業助成金の交付を受け、同店オーナーの吉田美佐子さんが特産品のスモモを使ったドライフルーツの商品化に着手した。

 スモモの大きな実の食感を楽しんでもらうため半生状態を目指して乾燥具合にこだわった。から漬け後に乾燥させる工程での試作を経て、この3月に初の販売にこぎ着けた。

 ピュアドライという商品名の通り果肉はしっとりとして弾力があり、スモモ本来の酸味も程よく生きている。ピュアドライすももがたっぷり入ったすもものカンパーニュ(500円、ハーフ250円)が新商品として登場。スモモのドライフルーツはハード系のパンによく合う。

 吉田さんは「セイヨウスモモを乾燥させたプルーンはよく知られているが、スモモのドライフルーツは希少だと思う。紅茶やヨーグルトなどに入れて楽しむのもお薦め」と話す。

 また、パン舎では4月5~7の3日間、20周年感謝セールを実施。ピュアドライすももを使った新商品や期間限定商品の販売、次回の来店時に使える割引券の配布を予定している。

 営業時間は午前11時から午後7時までで、月・火曜が定休。問い合わせは(0155・52・2897)へ。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク