全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

クライミングウオールの側面に整備したボルタリング用の壁

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き、新たな観光資源としての活用を始める。

 高さ15メートルのクライミングウオールの両側の壁面に、壁や突起物を配してボルダリング用の壁面を設置した。両面とも高さ4メートル、幅5メートルの大きさ。壁の一部を「オーバーハング」と呼ばれる垂直以上の角度に整備。東側を主に初中級者向け、西側を主に中上級者向けにした。総事業費は1490万円。市に寄せられた寄付金などを活用した。

 ボルダリングは突起物のある人工壁を、設定された複数のコースを時間内でいくつ登り切れたかを競う競技。クライミングは登る壁面が高く、補助やロープが必要で利用者が限られることから、より幅広い人に楽しんでもらおうとボルダリング用の壁を整備した。

 30日は関係者が式典やテープカットを行った後、クライミング団体によるデモンストレーション、体験会を行う。一般利用は同日午後から。利用料金などは調整中という。

 市観光推進課は「初心者から上級者まで幅広く利用してもらえる施設で、中央アルプスのイメージにも重なる。観光の誘客や合宿誘致など、新たな駒ケ根高原の魅力として情報発信していきたい」としている。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク