全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ伝統 鶴の舞 20年ぶりサロルンリムセ 池田

「サロルンリムセ」(鶴の舞)を踊る帯広カムイトウウポポ保存会のメンバーたち

 アイヌ民族伝統の鶴の舞とタンチョウ観察を楽しむ「十勝川サロルンリムセ」(実行委員会主催)が24日午前10時から、池田町の十勝川千代田堰堤展望公園で行われた。

 アイヌ文化の魅力発信を目的に初めて開催。小川哲也実行委員長(本別アイヌ協会会長)が「帯広と平取の舞をそれぞれ楽しんで」とあいさつした。

 平取アイヌ文化保存会(貝澤耕一会長)からも10人が参加した。安全を祈願する「タプカラ」の後、「ハラダキ」では湿原で遊んだり大空を舞ったりする鶴の様子を披露した。

 帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)は「サロルンリムセ」を披露した。ひな鶴が親鳥から飛び方を教わり大空に旅立つ様子を表現した。雪が舞う中、全員で輪を作って舞を楽しむ「ポロリムセ」で締めくくった。

 酒井会長は「サロルンリムセは20年以上ぶりに披露した。若いアイヌに教えるために良い機会だった」と話した。

関連記事

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。  後志...

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク