全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

スマート農業推進へ

 鶴岡工業高等専門学校(高橋幸司校長)とJA全農山形(後藤和雄県本部長)は、情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業の普及・推進を図ろうと、研究交流や地域貢献に関する協定を締結した。三川町にある全農山形の研修農場に、高専のものづくり力で開発した低価格環境センサーシステムを導入し、栽培管理支援の実証試験に取り組む計画。

 導入する環境センサーシステム「KOSEN版簡易ウェザーステーション」は、鶴岡高専を中心とした全国各地の高専の教員によるコンソーシアム「全国KOSEN研究ネットワークICT農業研究会」が、2014年度から試作機や、共通データベース、情報共有システムの構築・開発をスタート。個人農家や研究施設での実証試験を経て、改良してきた。

 装置のセンサーで計測した気象データと、過去の環境情報や営農指導熟練者の知見といったデータを加えて分析・活用し、農作物の栽培管理に役立てる。

 農業ICT機器は、導入運用のコストダウン化が進まず、普及に課題があるとされるが、同ウェザーステーションは汎用(はんよう)製品や既製品を部品に使うことによって、1台10万円以内と同様の製品と比べて低価格に抑えた。

 20日にJA庄内たがわ三川支所で行われた締結式では、後藤県本部長が「熟練農業者の栽培技術継承が厳しい局面を迎える中で、人工知能やICTの導入により、新規就農者の参入も期待できる。実用化に向けて取り組んでいきたい」、高橋校長が「今回の取り組みは全国でも革新的なモデルケース。成果を挙げるために協力に注力したい」などとそれぞれ述べた。

 今後、全農山形の園芸産地拡大実証研修農場のハウス内全棟に計11基、屋外に1基の設置を予定。ミニトマト、パプリカ、軟白ねぎ、山菜などの作付けを予定している。

協定を締結して握手を交わす高橋校長(左)と後藤県本部長=提供写真

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク