全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

扇にまつわる多様な美術品を楽しむ来場者(県立美術館で)

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている。5月6日まで。  扇は、中国から伝わったうちわを元に日本で生み出された。当初は、薄い木の板を重ね合わせた形状だったという。同展では、現存最古となる平安時代の「彩絵檜扇(さいえひおうぎ)」を展示。絵柄は紅葉や萩、蝶などで、美しい色彩を楽しむことができる。    王朝や合戦にまつわる物語絵を題材とした扇も見どころ。室町時代の「北野天神縁起絵扇面貼付屏風(びょうぶ)」は、全体に縁起物語を描いた扇が何枚も貼られ、びょうぶとしてだけでなく扇としても鑑賞できる作品となっている。    この他、末広がりの縁起の良い形を生かした扇型の器などもある。    学芸員の岡本麻美さんは「手に持った状態や開く時の動きを想像しながら見てほしい。扇の持ついろいろな側面に気付いてもらえれば」と語った。    料金は、一般1300円、70歳以上・学生1100円、18歳以下無料。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク