全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タンパク質を生産する技術と、アデランスが培ってきた総合毛髪開発力を組み合わせ、パーマをかけたり、染色したりすることも可能な人毛に近い素材を開発し、2年後の商品化を目指す。

 同日、関山代表執行役と津村社長が東京都内で会見し、発表した。

 人毛は将来的に入手が困難になることが懸念され、アデランスはウイッグ需要などに対応するため1983年から化学繊維を用いた人工毛髪の研究を始め、人毛に近づけた人工毛髪を開発した。一方で、原料となる石油資源に頼らない新素材を求め、スパイバーに共同研究を持ち掛けた。

 スパイバーは独自の技術で毛髪としての特性を満たすタンパク質を遺伝子レベルで設計し、微生物を用いた発酵プロセスによって原料となる構造タンパク質を取得。さらに毛髪素材に最適な形状や物性となるように構造タンパク質を加工するための新たな繊維化技術の開発や、製造条件の検討などを進める。アデランスは新素材に対して毛髪のような風合いや特徴を付与するための加工、染色、カール付けなどを行い、製品としての評価を高めていく。既に昨年から基礎特性や各工程に関する研究がスタートしサンプルも製作しており、関連特許も4件出願しているという。

 会見で関山代表執行役は「個性の違う一人一人に合わせた毛髪を開発しないかと、津村社長から共同研究開発の話を頂いた。がん治療で毛髪が抜けた私の母のこともあり、病気を含め毛髪の悩みを持っている人たちにとって、われわれの技術が大きな力になると感じた」と語った。津村社長は「世界的にタンパク質で毛髪素材を作る取り組みはあるが、いまだ完成していない。スパイバーの素材は頑丈で切れない。新しい技術で高い品質の素材を作る」と述べた。

製品サンプルを手に会見に臨んだ関山代表執行役(右)と津村社長=東京都港区・スペースFS汐留

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を...

石垣市文化協会を表彰 しまくとぅば県民大会 又吉さん、米城さんも

 【うるま】第7回しまくとぅば県民大会(県主催)が14日午後、うるま市民芸術劇場響ホールであり、しまくとぅば普及功労者として石垣市文化協会(江川義久会長)、又吉智永さん(79)=竹富町黒島=、米城惠...

長野日報社

諏訪湖よさこい開幕 県内外1000人が演舞

 長野県内最大規模のよさこいイベント、第7回「諏訪湖よさこい」(実行委員会主催)が14日、下諏訪町の赤砂崎公園と岡谷市 の岡谷湖畔公園で始まった。2日間にわたり、県内外の一般・ジュニア計36団...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク