全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット事業化23年目標 大樹IST

2023年の打ち上げを目指す人工衛星軌道投入ロケット「ZERO」(インターステラテクノロジズ提供)

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹町、稲川貴大社長)は19日、都内で開いた事業戦略発表会で、人工衛星軌道投入ロケット「ZERO(ゼロ)」初号機の打ち上げ目標を、2023年と明言した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術支援も受け、開発を加速させる。同日、支援組織「みんなのロケットパートナーズ」も発足、“仲間たち”と一緒に、新プロジェクトのスタートを大々的に発信した。

 ゼロは全長22メートル、重量35トンの2段式液体燃料ロケットを想定。重さ100キロ以内の超小型人工衛星を地球の周回軌道の高度500キロに投入する。打ち上げ費用は6億円以下を見込む。

 支援組織を構成する8団体・企業のうち、大樹町や丸紅など多くは従前からISTを支援。JAXAはゼロのエンジン開発に協力し、「一緒に日本の宇宙輸送を盛り上げたい」とする。ISTは技術者をJAXAの角田宇宙センター(宮城)へ派遣する。

 ユーグレナ(東京)はロケットで活用するバイオ燃焼を検討。漫画「宇宙兄弟」の編集者など、ロケット関連以外の分野からも協力者が集まった。

 ゼロと並び、今年の早い段階での打ち上げを目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機への期待もにじむ。初号機、2号機の失敗を経て、3号機は機体を立てた状態での「縦吹き」で120秒間の燃焼実験に2度成功。民間単独では国内初となる高度100キロの宇宙空間到達を果たせば、さらに多くの企業・団体から関心を集めることは間違いない。

 ゼロはエンジン出力がモモの50倍に及ぶなど開発にはさらに時間を要する。4年後の成功に向けて、IST創業者の堀江貴文氏は「小型衛星の打ち上げは、想像ができないほどマーケットが広がる。まずはモモの打ち上げを成功させ、ゼロに向かいたい」と力を込めた。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク