全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ひょっとこ長兵衛笑い誘う

 春を告げる神楽として知られる鶴岡市安丹地区の伝統芸能「安丹神楽」が17日、同地区公民館で開かれ、地元の青年たちが悪病退散などを祈願して軽快な笛と太鼓に合わせて滑稽な舞を披露し、訪れた住民たちの笑いを誘った。

 安丹神楽は、江戸時代の安政6(1859)年に安丹地区でコレラが流行した際、疫病退散を祈願して神楽を舞ったところ、まん延を防ぐことができたという言い伝えを起源とする。現在は住民で安丹神楽会(佐藤惠一会長)を組織し、地区の青年たちが無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って、毎年この日に上演している。

 公民館には幼児から高齢者まで地区の住民、アマチュアカメラマンら約120人が集まった。お目当ては「長兵衛」と呼ばれるひょっとこが滑稽な舞を披露する「笑福」。神子舞や勇ましさを感じさせる獅子舞、剣の舞に続き、横笛と太鼓の軽快な音に合わせて長兵衛が登場した。客席に入り込み、おどけた姿で子どもたちにあめをプレゼントしたり、女性に近づいてキスをしたりと笑いを誘った。中にはひょっとこのお面姿の長兵衛に泣きだす子どもや親の背中に隠れる子どもも。その後、おかめも登場した愉快な舞に会場は笑い声に包まれた。神楽会の佐藤会長(70)は「地域の歴史に深く関わる伝統芸能を若者たちの力で伝承していきたい」と話していた。

子どもたちにちょっかいを出し会場を沸かせたひょっとこの長兵衛

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク