全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ひょっとこ長兵衛笑い誘う

 春を告げる神楽として知られる鶴岡市安丹地区の伝統芸能「安丹神楽」が17日、同地区公民館で開かれ、地元の青年たちが悪病退散などを祈願して軽快な笛と太鼓に合わせて滑稽な舞を披露し、訪れた住民たちの笑いを誘った。

 安丹神楽は、江戸時代の安政6(1859)年に安丹地区でコレラが流行した際、疫病退散を祈願して神楽を舞ったところ、まん延を防ぐことができたという言い伝えを起源とする。現在は住民で安丹神楽会(佐藤惠一会長)を組織し、地区の青年たちが無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って、毎年この日に上演している。

 公民館には幼児から高齢者まで地区の住民、アマチュアカメラマンら約120人が集まった。お目当ては「長兵衛」と呼ばれるひょっとこが滑稽な舞を披露する「笑福」。神子舞や勇ましさを感じさせる獅子舞、剣の舞に続き、横笛と太鼓の軽快な音に合わせて長兵衛が登場した。客席に入り込み、おどけた姿で子どもたちにあめをプレゼントしたり、女性に近づいてキスをしたりと笑いを誘った。中にはひょっとこのお面姿の長兵衛に泣きだす子どもや親の背中に隠れる子どもも。その後、おかめも登場した愉快な舞に会場は笑い声に包まれた。神楽会の佐藤会長(70)は「地域の歴史に深く関わる伝統芸能を若者たちの力で伝承していきたい」と話していた。

子どもたちにちょっかいを出し会場を沸かせたひょっとこの長兵衛

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク