全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高木姉妹 故郷で笑顔 特産品プレゼントも 幕別

飯田町長と懇談し、世界記録を達成したW杯のレースなどを穏やかな表情で振り返る高木美帆選手(右)と姉の菜那選手

 昨季行われたスピードスケートの平昌冬季五輪の女子団体追い抜き(チームパシュート)で金メダルを獲得した幕別町出身の高木菜那選手(26)=日本電産サンキョー-帯南商高出=と、妹の美帆選手(24)=日体大助手-日体大、同高出=が帰町し、15日午後5時から、札内コミュニティプラザで町の特産品贈呈式に臨んだ。飯田晴義町長からマンガリッツァ豚の詰め合わせを受け取り笑顔を見せるとともに、今季のレースを振り返った。

 町は昨季の平昌冬季五輪で姉妹の活躍を受け、昨年4月から毎月、グリーンアスパラやソーセージ、ユリ根など特産品を贈呈。今回が最後となった。

 菜那選手はワールドカップ(W杯)帯広大会など2大会でマススタートを制し、金メダリストの貫禄を見せた。「(右膝の)けがは昨シーズンよりよくなった」と体への不安は軽減。ただ、1500メートルの8位が最高順位だった個人種目に関し、「もう少し上の順位を取りたかった。1500メートルと3000メートル(が主戦場)だが、もう少し長い距離も強くならないといけない」と意欲を見せた。

 美帆選手は連戦となった世界スプリント、世界選手権共に2位と表彰台に立ち、10日に実施されたW杯最終戦のソルトレークシティー大会の1500メートルで、1分49秒83の世界新記録で優勝。女子選手として初めて1分50秒を切った。「レース中の記憶はなく、特に後半は(コーナリングなど)どこを滑ったかは覚えていない」と振り返った。

 二人は飯田町長から「しっかりとリフレッシュして次のシーズンに臨んでほしい」と激励を受けていた。

関連記事

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク