全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高木姉妹 故郷で笑顔 特産品プレゼントも 幕別

飯田町長と懇談し、世界記録を達成したW杯のレースなどを穏やかな表情で振り返る高木美帆選手(右)と姉の菜那選手

 昨季行われたスピードスケートの平昌冬季五輪の女子団体追い抜き(チームパシュート)で金メダルを獲得した幕別町出身の高木菜那選手(26)=日本電産サンキョー-帯南商高出=と、妹の美帆選手(24)=日体大助手-日体大、同高出=が帰町し、15日午後5時から、札内コミュニティプラザで町の特産品贈呈式に臨んだ。飯田晴義町長からマンガリッツァ豚の詰め合わせを受け取り笑顔を見せるとともに、今季のレースを振り返った。

 町は昨季の平昌冬季五輪で姉妹の活躍を受け、昨年4月から毎月、グリーンアスパラやソーセージ、ユリ根など特産品を贈呈。今回が最後となった。

 菜那選手はワールドカップ(W杯)帯広大会など2大会でマススタートを制し、金メダリストの貫禄を見せた。「(右膝の)けがは昨シーズンよりよくなった」と体への不安は軽減。ただ、1500メートルの8位が最高順位だった個人種目に関し、「もう少し上の順位を取りたかった。1500メートルと3000メートル(が主戦場)だが、もう少し長い距離も強くならないといけない」と意欲を見せた。

 美帆選手は連戦となった世界スプリント、世界選手権共に2位と表彰台に立ち、10日に実施されたW杯最終戦のソルトレークシティー大会の1500メートルで、1分49秒83の世界新記録で優勝。女子選手として初めて1分50秒を切った。「レース中の記憶はなく、特に後半は(コーナリングなど)どこを滑ったかは覚えていない」と振り返った。

 二人は飯田町長から「しっかりとリフレッシュして次のシーズンに臨んでほしい」と激励を受けていた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク