全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤小にふるさと資料館オープン

古里の歴史を学ぶ子どもたち(常盤小で)

 常盤小(青山武司校長)に、校区の歴史を学べる「ふるさと資料館」が完成した。石炭採掘が盛んだった歴史を児童に知ってもらおうと、地域おこし団体のわくわく常盤(藤永徹也会長)が小学校と協働して整備。15日のお披露目会では、出席した6年生72人が大切に利用することを誓った。    もともとは教室だった2階の一室に、採掘現場で使われた道具など約100点を置いた。塊炭に付いた不純物を割り取るのに使われた宇部発祥の小型つるはし、常盤炭鉱で採れた石炭など貴重な資料がずらり。この他、炭鉱があった場所を分かりやすく示した絵図、当時普及していた電化製品もある。    石器時代以降に起こった出来事を200項目で振り返る「ふるさと常盤年表」は、黒板の部分に掲示。6年生が卒業記念として、1項目ずつ丁寧な字で、心を込めて手書きしたという。  炭鉱を記録する会会長でもある藤永会長(76)が、これまでに集めた資料を提供。展示する棚は、わくわく常盤のメンバーが組み上げて、児童有志が白いペンキを塗った。市地域創生事業の助成金20万円を活用している。    式では、藤永会長が「常盤に資料館をつくりたいと考えていたので、みんなで力を合わせて完成させることができてうれしい」とあいさつ。6年生の伊藤来美さん、島川歩弓さん、中野美咲希さんの3人は「たくさん見て、しっかり勉強する」と感謝した。    その後、児童は資料を1点ずつ見て回った。「これ知っているよ」「どうやって使うんだろう」と興味津々。メンバーから名前と使い方を教えてもらい、目を丸くしていた。    青山校長は「児童が郷土学習で使うのはもちろん、地域の方が昔を懐かしみ、世間話をする場所にしていきたい」と話していた。

関連記事

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク