全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

合同企業説明会 進学者多い仙台市で初開催

鶴岡市が仙台で初めて開催した合同企業説明会

 鶴岡市は進学や就職で同市を離れた若者らの地元回帰促進に向け、仙台市では初となる「合同企業説明会」を、21日に仙台市青葉区の仙台国際センターで開いた。来春の就職を控えた大学3年生を中心に41人が参加し、半数は女性だった。鶴岡市の担当者は「仙台圏には女性が多く進学している。新年度も仙台で地元企業の説明会を企画し、女性の地元回帰を働き掛けていきたい」と話している。

 鶴岡市によると、昨年度の同市内の高校卒業者約1500人のうち、仙台圏を中心とした隣県の大学、短大、専門学校に約330人が進学。このうち6割近くが女性という。こうした状況を踏まえ、鶴岡へのUIJターン就職を考えている学生や社会人に、同市の企業情報を直接伝える機会として、仙台で初の企業説明会を企画。仙台圏などの大学、短大、専門学校を通じて開催情報を提供したほか、庄内―仙台の高速バス車内に案内チラシを配置して周知を図った。

 説明会には鶴岡市内の医療・福祉、金融、製造、サービス、卸売・小売など25の企業・団体が参加し、自社の業務内容や採用に関する情報を提供。同市の移住コーディネーターによる移住相談、鶴岡公共職業安定所による地元就職に関する相談も行った。

 訪れた人のうち大学3年生が31人を占め、他にUターン希望などの社会人。参加した学生からは「地元就職を考えている」といった声が聞かれたほか、「東北地方で就職したい。鶴岡も選択肢の一つとして説明を聞きに来た」と話す岩手県出身の大学生もいた。企業の担当者は「3月に就職説明会が解禁されたばかりで、学生たちはある程度幅広く情報を集めているようだ」と話した。

 市商工課の担当者は「東京都内で実施している地元就活応援セミナーなどと比べ女性の参加者が多く、希望職種も医療・福祉、サービスなど男性とは異なる傾向が見られた」と話した。

関連記事

サンタと馬車 帯広ラン

 サンタクロース姿で街中を練り歩き、病院や児童養護施設でクリスマスを過ごす子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベント「北海道サンタランinとかち2019」(実行委員会主催)が14日、帯広市中...

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク