全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

合同企業説明会 進学者多い仙台市で初開催

鶴岡市が仙台で初めて開催した合同企業説明会

 鶴岡市は進学や就職で同市を離れた若者らの地元回帰促進に向け、仙台市では初となる「合同企業説明会」を、21日に仙台市青葉区の仙台国際センターで開いた。来春の就職を控えた大学3年生を中心に41人が参加し、半数は女性だった。鶴岡市の担当者は「仙台圏には女性が多く進学している。新年度も仙台で地元企業の説明会を企画し、女性の地元回帰を働き掛けていきたい」と話している。

 鶴岡市によると、昨年度の同市内の高校卒業者約1500人のうち、仙台圏を中心とした隣県の大学、短大、専門学校に約330人が進学。このうち6割近くが女性という。こうした状況を踏まえ、鶴岡へのUIJターン就職を考えている学生や社会人に、同市の企業情報を直接伝える機会として、仙台で初の企業説明会を企画。仙台圏などの大学、短大、専門学校を通じて開催情報を提供したほか、庄内―仙台の高速バス車内に案内チラシを配置して周知を図った。

 説明会には鶴岡市内の医療・福祉、金融、製造、サービス、卸売・小売など25の企業・団体が参加し、自社の業務内容や採用に関する情報を提供。同市の移住コーディネーターによる移住相談、鶴岡公共職業安定所による地元就職に関する相談も行った。

 訪れた人のうち大学3年生が31人を占め、他にUターン希望などの社会人。参加した学生からは「地元就職を考えている」といった声が聞かれたほか、「東北地方で就職したい。鶴岡も選択肢の一つとして説明を聞きに来た」と話す岩手県出身の大学生もいた。企業の担当者は「3月に就職説明会が解禁されたばかりで、学生たちはある程度幅広く情報を集めているようだ」と話した。

 市商工課の担当者は「東京都内で実施している地元就活応援セミナーなどと比べ女性の参加者が多く、希望職種も医療・福祉、サービスなど男性とは異なる傾向が見られた」と話した。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク