全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

研修医、縫合技術競う 不足外科医、定着も狙う 鹿児島県立大島病院

筋膜を想定した2本のチューブを手術で使われる糸で結び付ける研修医たち=13日、奄美市名瀬

 外科医不足の中、奄美での外科医定着を図ろうと、奄美市の鹿児島県立大島病院は13日、若い研修医を対象に皮膚や筋膜の縫合の技を競うコンテストを同病院で開いた。全国各地の大学から集まっている12人の研修医たちは、はさみやピンセットを器用に操りながら人工皮膚の縫合に取り組んだ。

 参加した研修医は外科や内科、産婦人科などで勉強中。10人の医師が審査する中▽筋膜の縫合を想定した糸結び▽シリコン状の人工皮膚を使った真皮縫合―の2部門で、総合点を競い合った。

 糸結び部門では、実際の手術で使われるモノフィラメント合成吸収糸を使用。制限時間5分の中で、筋膜に見立てた2本のチューブを指で結び付け、その強度を測った。

 真皮縫合部門では人工皮膚の傷口を縫合。30分の制限時間内に10センチの傷口をいかにきれいに縫合できるかを競った。参加者は鑷子と呼ばれるピンセットやクーパー(はさみ)などを用いて、時折手を震わせながら慎重に縫合していた。

 参加した大和村出身の鹿児島大学生市田泰海さん(26)は「消化器内科志望だったが外科への興味も出てきた」と意欲的に話した。

 臨床研修センター長の満純孝医師は「このような機会があれば互いの評価ができ技術向上につながる」と評価した。今後も開催予定で、第1回の1位には山形大学の佐藤美友研修医が選ばれた。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク