全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

研修医、縫合技術競う 不足外科医、定着も狙う 鹿児島県立大島病院

筋膜を想定した2本のチューブを手術で使われる糸で結び付ける研修医たち=13日、奄美市名瀬

 外科医不足の中、奄美での外科医定着を図ろうと、奄美市の鹿児島県立大島病院は13日、若い研修医を対象に皮膚や筋膜の縫合の技を競うコンテストを同病院で開いた。全国各地の大学から集まっている12人の研修医たちは、はさみやピンセットを器用に操りながら人工皮膚の縫合に取り組んだ。

 参加した研修医は外科や内科、産婦人科などで勉強中。10人の医師が審査する中▽筋膜の縫合を想定した糸結び▽シリコン状の人工皮膚を使った真皮縫合―の2部門で、総合点を競い合った。

 糸結び部門では、実際の手術で使われるモノフィラメント合成吸収糸を使用。制限時間5分の中で、筋膜に見立てた2本のチューブを指で結び付け、その強度を測った。

 真皮縫合部門では人工皮膚の傷口を縫合。30分の制限時間内に10センチの傷口をいかにきれいに縫合できるかを競った。参加者は鑷子と呼ばれるピンセットやクーパー(はさみ)などを用いて、時折手を震わせながら慎重に縫合していた。

 参加した大和村出身の鹿児島大学生市田泰海さん(26)は「消化器内科志望だったが外科への興味も出てきた」と意欲的に話した。

 臨床研修センター長の満純孝医師は「このような機会があれば互いの評価ができ技術向上につながる」と評価した。今後も開催予定で、第1回の1位には山形大学の佐藤美友研修医が選ばれた。

関連記事

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク