全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

鉄塔からの救出訓練

鉄塔の上で救出を試みる救助隊員(中国電力山口電力所で)

 中国電力山口電力所(丸山茂所長)と宇部・山陽小野田消防局(山本晃消防長)は13日、善和の同電力所にある鉄塔を使い、高所からの救助訓練を行った。  救助技術の向上と、緊急時における連携の強化を目的に、2017年から続く取り組み。今回は電力所員3人と消防職員5人が高さ30㍍の訓練用鉄塔で活動した。  訓練は山奥にある鉄塔の約15㍍地点から伸びる電線に、パラグライダーで飛行中の男性が引っ掛かったという想定。はしご車が入れないため、別方面から侵入した救助工作車とトラックに結び付けたロープを使った救出方法を用いた。救助隊員は被災者に見立てた人形に接近後、ピタゴールと呼ばれる資機材で体を包み込み、留め具や命綱で固定。抱きかかえるような状態でゆっくりとロープを伝い、助け出した。  鉄塔上で訓練に参加した宇部西消防署消防救助分隊の中村友哉消防士は「この経験を今後の業務に生かしたい。非常時には人命第一の精神で、迅速かつ的確で安全な救出ができるように精進したい」と話した。丸山所長は「危険を伴う訓練だったが、互いの連携は一段と強まったと思う」と講評した。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク