全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

協立病院が改築へ 東京五輪後に具体化 帯広

改築を計画している協立病院

 医療法人社団刀圭会(長谷川賢理事長)は2023年までに、運営する協立病院(帯広市西16北1、佐藤幸宏院長)を改築する方針を固めた。現施設は築40年以上が経過し、老朽化が進んでいた。東京五輪(20年)後の建築資材費の動向を見て、全面改築か部分改築かを判断する。

 現病院は1975年に建設、97年に増改築した。病床数は120床で、一般病棟・60床、回復期リハビリテーション病棟・60床となっている。

 耐震基準に沿って改築が必要な区画も出ており、東日本大震災の発生以降、改築を2度にわたって検討。ただ首都圏を中心に建築資材が高騰し、改築を見送った経緯がある。

 過去2度の検討では、駐車場敷地に新棟を建設し、全面改築を図る案も出ていた。これを含め、改めて五輪後に具体的な計画を決定する。

 協立病院の改築方針は、十勝総合振興局が設置する地域医療構想調整会議にも報告。25年に向けて地域密着型病院として急性期患者に対応するほか、リハビリ期患者の医療を実践する医療機関として役割を果たすとしている。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク