全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

協立病院が改築へ 東京五輪後に具体化 帯広

改築を計画している協立病院

 医療法人社団刀圭会(長谷川賢理事長)は2023年までに、運営する協立病院(帯広市西16北1、佐藤幸宏院長)を改築する方針を固めた。現施設は築40年以上が経過し、老朽化が進んでいた。東京五輪(20年)後の建築資材費の動向を見て、全面改築か部分改築かを判断する。

 現病院は1975年に建設、97年に増改築した。病床数は120床で、一般病棟・60床、回復期リハビリテーション病棟・60床となっている。

 耐震基準に沿って改築が必要な区画も出ており、東日本大震災の発生以降、改築を2度にわたって検討。ただ首都圏を中心に建築資材が高騰し、改築を見送った経緯がある。

 過去2度の検討では、駐車場敷地に新棟を建設し、全面改築を図る案も出ていた。これを含め、改めて五輪後に具体的な計画を決定する。

 協立病院の改築方針は、十勝総合振興局が設置する地域医療構想調整会議にも報告。25年に向けて地域密着型病院として急性期患者に対応するほか、リハビリ期患者の医療を実践する医療機関として役割を果たすとしている。

関連記事

ブラインドサッカー 十勝初チーム誕生

 十勝管内の医療・福祉関係者がブラインドサッカーチーム「とかちflow(フロー)」を立ち上げた。道内では2例目で、2020年に日本ブラインドサッカー協会主催の北日本リーグへの参入を目指す。視覚障害...

宇部日報社

女性への暴力根絶を 石炭記念館展望台、26日まで紫色にライトアップ【宇部】

 女性への暴力の根絶を呼び掛けようと、宇部市石炭記念館の展望台が、啓発活動の象徴「パープルリボン」にちなんで紫色にライトアップされている。26日まで。  国が定める「女性に対する暴力をなくす運動...

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク