全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

綿羊 出産ラッシュ/藤里町

綿羊の出産シーズンを迎え、子羊がすくすくと成長(藤里町営大野岱放牧場で)

 藤里町の町営大野岱放牧場では、綿羊が出産期を迎えている。羊舎内では生まれたばかりの子羊たちが母乳をねだったり、じゃれ合ったりする姿が見られ、「メェー、メェー」という愛くるしい鳴き声を響かせている。出産は4月後半まで続く見込み。

 同牧場で飼育されているのは、サフォーク種と呼ばれる黒い顔が特徴の羊。繁殖用に雌125匹、雄7匹を飼育しており、昨年9月下旬から11月末まで自然交配させた。出産は先月14日に始まり、10日現在で69匹の雌が出産を終え、89匹の子羊が誕生した。
 綿羊の繁殖は日照時間や気温などの自然条件が関係するとされ、雌羊は日照時間が短くなると発情する傾向がある。町農林課農業振興係によると、昨秋は気温が高かったせいか、出産は若干遅れているが、「丈夫に子羊が生まれており、まずはひと安心」と話す。
 羊舎では、子羊が母親にぴったり寄り添ってお乳をねだったり、子羊同士でじゃれ合ったりと愛くるしい光景が広がる。職員らは母乳だけでなく、羊専用のミルクで補乳するなど成長不足にならないように配慮。また、出産は夜間や明け方になることもあるため、この時期は泊まり込みで対応に当たっている。
 生後1週間程度は親子1組ずつの囲いで過ごし、母子関係を築く。その後は親子数組や子羊のみの囲いに入れ、群れ行動に慣らしていくという。親羊の放牧開始をめどに、生後3カ月ほどで離乳させ、ラム肉用、繁殖用、ホゲット肉用に肥育する。出産期は4月後半まで続くと見られ、今季は130匹程度の誕生を見込んでいる。
 町は平成元年にサフォーク種を導入し、ホゲット肉として出荷。25年度から生後1年未満のラム肉を「白神ラム」の名称で生産を開始し、県との協働事業を活用しながら供給体制を整えてきた。雌羊は150匹まで増やす方針で、31年度当初予算案には親羊の購入費用も計上している。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク