全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

農閑期に「のらじょ」交流 原村

アロマ教室で交流や癒やしを楽しんだ農業に携わる子育て世代の女性たち=原村の八ケ岳自然文化園レストラン

 農業に携わる子育て世代の女性の集まり「のらじょ」の交流会が13日、原村の八ケ岳自然文化園レストランで開かれた。原村や茅野市の女性10人が参加し、アロマ教室を通して交流を深めた。

 のらじょは、2017年秋に発足。県が進める若手女性農業者のグループ「NAGANO農業女子」メンバーの中村弥生さん(45)=原村中新田=と、齋藤志穂さん(37)=同原山=が、若手の女性農業者が交流し合える場をつくろうと立ち上げた。名称は「野良仕事」から付けた。30~40代の諏訪地方の女性たちがメンバーで、活動は農閑期が中心。昨年は県の支援も受けながら農業関係の講座や視察などを行った。

 この日は今年度初の集まり。つながりや癒やしを目的に開き、矢崎綾子さん=茅野市=から蜜ろうと植物オイルで作るアロマクリームの作り方を習った。小さな子どもを連れた参加者もおり、和やかな雰囲気の中、参加者はオイルの香りをかいだり、調合を工夫したり、オリジナルのクリーム作りを楽しんだ。

 原村のセロリ農家に嫁いだ中村昭子さん(44)は「農業は友人ができにくいので寂しいと思うこともあった。のらじょは自分と同じ立場の女性たちの集まりなので話やすい。アロマ教室もやってみたかった」と笑顔だった。

 中村さんは「農業に携わるスタンスはそれぞれ違うけれど、境遇が近い若手女性が苦労や課題をどうクリアするかを話し合う場が必要だと思った。今後は20代にも参加してほしい」と話した。齋藤さんも「農業は仕事のオンとオフを切り替えるのが難しいので、今回は癒やしやつながりを目的に企画した」と話した。

 次回は3月下旬にマネー講座を計画している。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク