全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

農閑期に「のらじょ」交流 原村

アロマ教室で交流や癒やしを楽しんだ農業に携わる子育て世代の女性たち=原村の八ケ岳自然文化園レストラン

 農業に携わる子育て世代の女性の集まり「のらじょ」の交流会が13日、原村の八ケ岳自然文化園レストランで開かれた。原村や茅野市の女性10人が参加し、アロマ教室を通して交流を深めた。

 のらじょは、2017年秋に発足。県が進める若手女性農業者のグループ「NAGANO農業女子」メンバーの中村弥生さん(45)=原村中新田=と、齋藤志穂さん(37)=同原山=が、若手の女性農業者が交流し合える場をつくろうと立ち上げた。名称は「野良仕事」から付けた。30~40代の諏訪地方の女性たちがメンバーで、活動は農閑期が中心。昨年は県の支援も受けながら農業関係の講座や視察などを行った。

 この日は今年度初の集まり。つながりや癒やしを目的に開き、矢崎綾子さん=茅野市=から蜜ろうと植物オイルで作るアロマクリームの作り方を習った。小さな子どもを連れた参加者もおり、和やかな雰囲気の中、参加者はオイルの香りをかいだり、調合を工夫したり、オリジナルのクリーム作りを楽しんだ。

 原村のセロリ農家に嫁いだ中村昭子さん(44)は「農業は友人ができにくいので寂しいと思うこともあった。のらじょは自分と同じ立場の女性たちの集まりなので話やすい。アロマ教室もやってみたかった」と笑顔だった。

 中村さんは「農業に携わるスタンスはそれぞれ違うけれど、境遇が近い若手女性が苦労や課題をどうクリアするかを話し合う場が必要だと思った。今後は20代にも参加してほしい」と話した。齋藤さんも「農業は仕事のオンとオフを切り替えるのが難しいので、今回は癒やしやつながりを目的に企画した」と話した。

 次回は3月下旬にマネー講座を計画している。

関連記事

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク