全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子ども用の消防服など寄贈

 豊橋市東松山町の中野真理子さん(61)が、同市消防本部に子ども用の消防服などを寄贈した。13日には受領式が中消防署であり、同本部が感謝状を贈呈。中野さんは、救急搬送時の隊員の迅速な対応や優しさに感謝し「子どもたちに着てもらい、消防署に親しみを持ってほしい」と話している。

 中野屋銘木店(同市東松山町)3代目の妻で、フラダンス講師の中野さんは昨年3月、公演のリハーサル中に舞台から落下。骨折の大けがを負うも、救急隊員の的確な処置で、本番の舞台に立つことができた。日頃の感謝も含めて気持ちを形にした。  寄贈したのは、職員の制服と、消防隊が着ている警防服、特別救助隊の救助服で各3着。市のデザインを子ども用にする特注品で、夏以降に完成するという。消防音楽隊のためのテナーサックス1台も贈り、合わせて45万円相当になる。昨年末に還暦を記念して催した手作りのテディベアや木の実で作ったリースなどのチャリティー即売会の収益金を充てた。  式には、2人の孫も参列し、はしご車に乗って隊員たちと記念撮影などして触れ合った。加藤充洋中消防署長は「消防服を活用して、小さいころから消防に関心を持ってもらえるようにあちこちでPRしていきます」と感謝した。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク