全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子ども用の消防服など寄贈

 豊橋市東松山町の中野真理子さん(61)が、同市消防本部に子ども用の消防服などを寄贈した。13日には受領式が中消防署であり、同本部が感謝状を贈呈。中野さんは、救急搬送時の隊員の迅速な対応や優しさに感謝し「子どもたちに着てもらい、消防署に親しみを持ってほしい」と話している。

 中野屋銘木店(同市東松山町)3代目の妻で、フラダンス講師の中野さんは昨年3月、公演のリハーサル中に舞台から落下。骨折の大けがを負うも、救急隊員の的確な処置で、本番の舞台に立つことができた。日頃の感謝も含めて気持ちを形にした。  寄贈したのは、職員の制服と、消防隊が着ている警防服、特別救助隊の救助服で各3着。市のデザインを子ども用にする特注品で、夏以降に完成するという。消防音楽隊のためのテナーサックス1台も贈り、合わせて45万円相当になる。昨年末に還暦を記念して催した手作りのテディベアや木の実で作ったリースなどのチャリティー即売会の収益金を充てた。  式には、2人の孫も参列し、はしご車に乗って隊員たちと記念撮影などして触れ合った。加藤充洋中消防署長は「消防服を活用して、小さいころから消防に関心を持ってもらえるようにあちこちでPRしていきます」と感謝した。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク