全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

伝統の百手祭へ弓の稽古

弓の構え方を教わる射手たち(岡田屋公会堂で)

 厚南岡田屋地区に550年以上前から伝わる伝統行事「百手(ももて)祭」は24日、岡田屋公会堂で開かれる。祭りのメインで、鬼に見立てた的を射抜いて地域の安泰を願う的射(まとい)の神事に参加する小学4年から社会人までの18人が、真剣な表情で練習に取り組んでいる。  同祭は1468(応仁2)年、多くの村人が病で命を落としたため、地域の氏神である松江八幡宮と八大龍王、大歳大明神に病魔の退散を祈願したのが始まりとされる。市指定の無形民俗文化財で、同祭保存会(西田恭徳会長)が管理、伝承している。  今年の射手は13人で、矢取りは小学5年以下の5人が担う。  練習は日曜日以外の午後7時から1時間。同会指導部(白石光芳部長)の6人が講師を務める。子どもたちは初心者と経験者に分かれて弓懸(ゆがけ)の付け方、弓の持ち方と構え方、引き方などを確認。経験者は実際に矢をつがえる稽古も行った。日ごとに練度、精度を上げていく。  上野和也君(黒石中3年)は「体調をしっかり整えて本番に臨みたい。絶対に的に当ててみせる」と意気込む。塩田栞結さん(同1年)は「父や兄が射手だったので、自分もやってみたいと思い参加した。美しい所作を身に付けて、家族を驚かせたい」と話した。  白石部長は「地域に古くから伝わる大切な行事。けがのないように練習を精いっぱい頑張ってほしい」と激励した。  的射は午後0時半から行われる。  

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク