全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大正長いも輸出 20周年 JA帯広大正祝賀会

 JA帯広大正(吉田伸行組合長)が生産する大正長いもの海外輸出20周年を記念した祝賀会が12日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。生産者や輸出業者ら約60人が参加し、さらなるブランド力向上を誓った。

あいさつで「ブランド力を一層高めたい」と述べる吉田組合長

 大正長いもの栽培は45年ほど前から一部の農家が始めた。1989(平成元)年ごろにJAが本格的な取り扱いを始め、台湾からの需要に応じる形で98年産から、JA単独としては国内では初めてナガイモの輸出を開始。現在は66戸が年間4000トンを生産。3割ほどを台湾やシンガポール、アメリカに輸出している。

 開会に当たり吉田組合長が「価格暴落や冷害を乗り越え、最高のナガイモを届けようと努力した生産者に深く敬意を表したい。魅力ある産地であり続けるため、さらなるアプローチに取り組みたい」と述べた。

 来賓の三井真十勝総合振興局長、米沢則寿帯広市長が祝辞を述べた。輸出に尽力した「北陽貿易」(札幌)、「啓銘実業」(台湾)、「BL Providores」(シンガポール)に吉田組合長から感謝状が贈られた。

 同JA長いも生産部会の小森弘嗣部会長が「関係者と連携し、消費者に安全安心なナガイモを届けたい」と述べて乾杯、歓談した。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク