全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

舞木紀玲さん(前列中央左)に「菜飯」の作り方を教わった八重山の味つたえ隊の隊員ら=12日午後、まるたか農園

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さいはん)」を調理した。

 菜飯は炊いた米飯の上にほぐした鶏肉や野菜などの彩り具材を載せてだしをかけたもの。  琉球王朝の宮廷料理の流れをくみ、沖縄本島では「セーファン」と呼び、旧盆料理の一つ。奄美群島では「鶏飯(けいはん)」という郷土料理として広まっている。

 隊員の高西タマ子さん(81)によると八重山では弔い上げの33回忌法要で作るという。  今回は本島から転勤で来ている県農林水産部の舞木紀玲さんが、石垣島出身の義母に教わったという菜飯の作り方を伝授。

 米飯の上にほぐした鶏肉、ほうれん草、シイタケ、にんじん、薄焼きたまごを載せ、鶏や昆布、しいたけでとっただしをかけてあっさりとした味わい。

 数十年前に法事で作ったことがあるという高西さんは、「弔い上げを祝うという意味があるのかも。昔は言われるままに意味も分からず作ったが、八重山の伝統として残していきたい」と話した。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

紀伊民報社

温泉街さっそうと 白浜でトライアスロン

 第6回南紀白浜トライアスロン大会(実行委員会主催)が19日、和歌山県白浜町の白良浜や温泉街を中心にあった。665人が参加し、スイム1・5キロ、バイク(自転車)40キロ、ラン10キロのコースに挑...

長野日報社

登山道コースで限界突破 南箕輪でトレイルランニング大会

長野県南箕輪村郊外の経ケ岳(標高2296メートル)の登山道をコースにしたトレイルランニング大会「第5回経ケ岳バーティカルリミット」(同実行委員会主催)が18日、同村の大芝高原を発着点に開かれた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク