全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

舞木紀玲さん(前列中央左)に「菜飯」の作り方を教わった八重山の味つたえ隊の隊員ら=12日午後、まるたか農園

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さいはん)」を調理した。

 菜飯は炊いた米飯の上にほぐした鶏肉や野菜などの彩り具材を載せてだしをかけたもの。  琉球王朝の宮廷料理の流れをくみ、沖縄本島では「セーファン」と呼び、旧盆料理の一つ。奄美群島では「鶏飯(けいはん)」という郷土料理として広まっている。

 隊員の高西タマ子さん(81)によると八重山では弔い上げの33回忌法要で作るという。  今回は本島から転勤で来ている県農林水産部の舞木紀玲さんが、石垣島出身の義母に教わったという菜飯の作り方を伝授。

 米飯の上にほぐした鶏肉、ほうれん草、シイタケ、にんじん、薄焼きたまごを載せ、鶏や昆布、しいたけでとっただしをかけてあっさりとした味わい。

 数十年前に法事で作ったことがあるという高西さんは、「弔い上げを祝うという意味があるのかも。昔は言われるままに意味も分からず作ったが、八重山の伝統として残していきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「和」の催しで街中活性化  田辺市「ときわ通り」

 和歌山県田辺市新屋敷町の「ときわ通り」で17日、「和」をテーマにした催し「ときわ通りひなまつり第二巻」(田辺まちなか春祭り実行委員会主催)があり、和服姿の人たちや親子連れらでにぎわった。  街...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

「さんしんの日」 西表で三線の集い 

 【西表】八重山古典民謡保存会大浜修三線研究所による実行委員会主催の三線の集いが「さんしんの日」の4日午後、大原公民館で開かれ、地域の三線愛好家と大浜門下生らが午後6時30分から全員で「鷲ぬ鳥節」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク