全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

舞木紀玲さん(前列中央左)に「菜飯」の作り方を教わった八重山の味つたえ隊の隊員ら=12日午後、まるたか農園

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さいはん)」を調理した。

 菜飯は炊いた米飯の上にほぐした鶏肉や野菜などの彩り具材を載せてだしをかけたもの。  琉球王朝の宮廷料理の流れをくみ、沖縄本島では「セーファン」と呼び、旧盆料理の一つ。奄美群島では「鶏飯(けいはん)」という郷土料理として広まっている。

 隊員の高西タマ子さん(81)によると八重山では弔い上げの33回忌法要で作るという。  今回は本島から転勤で来ている県農林水産部の舞木紀玲さんが、石垣島出身の義母に教わったという菜飯の作り方を伝授。

 米飯の上にほぐした鶏肉、ほうれん草、シイタケ、にんじん、薄焼きたまごを載せ、鶏や昆布、しいたけでとっただしをかけてあっさりとした味わい。

 数十年前に法事で作ったことがあるという高西さんは、「弔い上げを祝うという意味があるのかも。昔は言われるままに意味も分からず作ったが、八重山の伝統として残していきたい」と話した。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

ほの国百貨店で「日本縦断味めぐり」

 ほの国百貨店で15日から全国の特産品を集めたイベント「日本縦断味めぐり」が始まった。28日まで。  3月15日の閉店を前に最後となる同イベントは、オリンピックイヤーにちなみ「2020 TOKYO...

シラサギの群れなど観察 市民ら新春探鳥会を楽しむ

 毎年恒例の2020年新春探鳥会(石垣市環境課主催)が12日、市内であり、市民ら12人が水鳥などの観察を楽しんだ。カンムリワシ・リサーチの小林孝代表を講師に、野鳥の種類や生態について学んだ。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク