全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

舞木紀玲さん(前列中央左)に「菜飯」の作り方を教わった八重山の味つたえ隊の隊員ら=12日午後、まるたか農園

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さいはん)」を調理した。

 菜飯は炊いた米飯の上にほぐした鶏肉や野菜などの彩り具材を載せてだしをかけたもの。  琉球王朝の宮廷料理の流れをくみ、沖縄本島では「セーファン」と呼び、旧盆料理の一つ。奄美群島では「鶏飯(けいはん)」という郷土料理として広まっている。

 隊員の高西タマ子さん(81)によると八重山では弔い上げの33回忌法要で作るという。  今回は本島から転勤で来ている県農林水産部の舞木紀玲さんが、石垣島出身の義母に教わったという菜飯の作り方を伝授。

 米飯の上にほぐした鶏肉、ほうれん草、シイタケ、にんじん、薄焼きたまごを載せ、鶏や昆布、しいたけでとっただしをかけてあっさりとした味わい。

 数十年前に法事で作ったことがあるという高西さんは、「弔い上げを祝うという意味があるのかも。昔は言われるままに意味も分からず作ったが、八重山の伝統として残していきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

車窓からアート楽しもう 紀の国トレイナート

 JR紀勢線を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート2019」が9月29日~10月27日に開かれる。6回目の今年は「車窓アート」を企画。御坊駅―新宮駅の沿線12地域にアート作品を設置し、走る列...

菜七子騎手 ばんえいも名騎乗? 帯広競馬場JRAイベント参加

 「JRAジョッキーDAY2019」が19日、帯広競馬場で開かれた。JRA(日本中央競馬会)に所属する9騎手が集結、ばんえい十勝を盛り上げた。  13回を数える恒例イベント。藤田菜七子、松岡...

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク