全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

福祉人材育成へ連携

福江高と福寿園が申し合わせに調印

 地域福祉に活躍する人材の育成に向け、田原市の県立福江高校(寺田安孝校長)と、同市内外で福祉施設を運営している福寿園(山田浩三理事長)が12日、福祉教育の連携を図るための申し合わせに調印した。

 この連携によって、福祉の現場で活躍する福寿園のスタッフが、同校の教員の立場で、福祉の授業や実習を4月からスタートさせる。  同校で開かれた調印式では、寺田校長が「地域の福祉で夢と希望を持って活躍できる高校生を育てていきたい」と期待を込めてあいさつ。連携は、中学生時に福寿園などで職業体験した生徒が、高校生になっても福祉活動を通して介護などに関心を持ち、福祉の知恵や技を学ぶほか、地域との連携によって地元に定着することを目的とした。  山田理事長は「福祉には、施設福祉、在宅福祉、さらに地域社会に対していかに関わりを持つかということも含まれる。介護保険事業の枠を超えて、福祉とは人の幸せであることを福寿園の歴史と実績から示していきたい」と抱負を述べた。  福江高には福祉実践コースがあり、この連携で福祉教育を充実。同コースの新2年23人と新3年17人の成長が期待されている。  また、同コースの本年度卒業生3人が福寿園への就職が内定している。

関連記事

紀伊民報社

水槽内も「芸術の秋」 エビとカニの水族館

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、「芸術の秋~飼育員が選ぶ海の芸術賞~」と題した特別展を開いている。「色・形がさまざまで美しいで賞」「細くてかっこいいで賞」などのユニークな賞を設定。...

JR日高線、鵡川―様似間廃止へ 沿線7町が会合、多数決でバス転換を容認

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)をめぐり、日高管内の7町は12日、新ひだか町で会合を開き、バス転換に向けてJR北と個別協議に入ることを決めた。これま...

ブラインドサッカー 十勝初チーム誕生

 十勝管内の医療・福祉関係者がブラインドサッカーチーム「とかちflow(フロー)」を立ち上げた。道内では2例目で、2020年に日本ブラインドサッカー協会主催の北日本リーグへの参入を目指す。視覚障害...

宇部日報社

女性への暴力根絶を 石炭記念館展望台、26日まで紫色にライトアップ【宇部】

 女性への暴力の根絶を呼び掛けようと、宇部市石炭記念館の展望台が、啓発活動の象徴「パープルリボン」にちなんで紫色にライトアップされている。26日まで。  国が定める「女性に対する暴力をなくす運動...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク