全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

福祉人材育成へ連携

福江高と福寿園が申し合わせに調印

 地域福祉に活躍する人材の育成に向け、田原市の県立福江高校(寺田安孝校長)と、同市内外で福祉施設を運営している福寿園(山田浩三理事長)が12日、福祉教育の連携を図るための申し合わせに調印した。

 この連携によって、福祉の現場で活躍する福寿園のスタッフが、同校の教員の立場で、福祉の授業や実習を4月からスタートさせる。  同校で開かれた調印式では、寺田校長が「地域の福祉で夢と希望を持って活躍できる高校生を育てていきたい」と期待を込めてあいさつ。連携は、中学生時に福寿園などで職業体験した生徒が、高校生になっても福祉活動を通して介護などに関心を持ち、福祉の知恵や技を学ぶほか、地域との連携によって地元に定着することを目的とした。  山田理事長は「福祉には、施設福祉、在宅福祉、さらに地域社会に対していかに関わりを持つかということも含まれる。介護保険事業の枠を超えて、福祉とは人の幸せであることを福寿園の歴史と実績から示していきたい」と抱負を述べた。  福江高には福祉実践コースがあり、この連携で福祉教育を充実。同コースの新2年23人と新3年17人の成長が期待されている。  また、同コースの本年度卒業生3人が福寿園への就職が内定している。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク