全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

冥福と復興祈り「忘れない」 東日本大震災発生から8年

 東日本大震災の発生から8年目を迎えた11日、庄内地方の各地で追悼行事が行われた。震災の記憶や教訓を語り継ぐ追悼集会「キャンドルナイト」や、被災地と交流がある中学生による合唱が繰り広げられ、犠牲者の冥福や復興を祈った。

 庄内地方でのキャンドルナイトは、仙台市で被災した鶴岡市出身の女性の呼び掛けを受け、山形大農学部の学生や市民有志で実行員会(委員長・菊池俊一山形大農学部准教授)を組織して震災翌年の2012年に鶴岡市で始まった。酒田では、鶴岡での取り組みを拡大する形で翌13年から毎年、生涯学習施設「里仁館」(冨士直志館長)が中心となり、市社会福祉協議会、中通り・中町中和会両商店街振興組合、東北公益文科大と共に実施。

鶴岡市

 鶴岡市では鶴岡協同の家こぴあを会場に開催。8年目の今年は、市民らにろうそくを手作りしてもらい1年かけて約1500個を準備した。震災発生時刻の午後2時46分の黙とうから始まり、同実行員会の加藤みちるさん(23)=山形大農学部4年、千葉翔子さん(22)=同=がそれぞれあいさつ。2人は、活動を通して感じた記憶の風化に触れながら、「震災を忘れず防災意識を持つ人が増え、多くの命が救われることを祈っている」「8年たっても被災者の苦しみや苦労は終わらない。自分にできることを探してほしい」などと語った。

 その後の午後6時すぎからの点灯式では、強風にあおられては消えるろうそくの火を何度も付け直し、並べたキャンドルで「ともに」とのメッセージを作った。市職員による防災ミニレクチャーや、「キャンドルの夕べ」と題した市民有志による音楽演奏や合唱も行われた。菊池委員長は、「鶴岡でもいまだ41世帯113人が避難生活を送っている。震災を語り継ぐ場や機会として市民に浸透させていければ」と話していた。

酒田市

 酒田市では市中町にぎわい健康プラザで「8年目のキャンドルナイトin中町」が行われ、公益大や同プラザでのワークショップに参加した市民による手作りキャンドル約1000個がともされた。

 同プラザで行われたセレモニーでは、酒田詩の朗読会を主宰する阿蘇孝子さんによる詩の朗読、酒田マリーンジュニア合唱団の合唱に引き続き、参加者が見守る中、午後7時前にメーンキャンドルに点火した。中町モールに並んだキャンドルは、柔らかな炎で「3・11 想(おも)いをつなぐ」の文字を浮かび上がらせ、強風の中、参加者たちはその淡い明かりをじっと見つめていた。

 公益大でのキャンドル作りを主催した災害復興ボランティアサークル「チームmoreE」の後藤千花代表(2年)は震災当時、中学1年生。「復興は進んでいるが、被災者の心は傷はまだまだ残っている。発生から8年がたち、私たち若い世代が震災を知らない世代に語り伝えていかなくては」と話した。

庄内町

 庄内町では役場立川庁舎で立川中学校(中里浩也校長)の全校生徒97人が鎮魂と復興への祈りを込めて「ふるさと」などを合唱した。

 被災者や被災地への祈りを込めた合唱は2015年から毎年実施している。同校は今年8月、余目中と合同で同町の友好町・宮城県南三陸町を訪れ漁港の整備を行ったほか、文化祭でワカメの販売などを行うなど、被災地を励ます活動を続けている。

 この日、立川庁舎を訪れた生徒たちは地震発生時刻の午後2時46分に黙とうをささげ、職員らが見守る中「最上川舟唄」「ふるさと」の2曲を合唱し、鎮魂と復興への祈りを込めた歌声を響かせた。

 生徒会長の2年生、長南快君(14)は「今日は被災地のみんなのために自分たちの歌を届けることができて良かった。自分たちの復興への思いが被災地にも届いたと思う」と話していた。

冥福と復興祈り「忘れない」 東日本大震災発生から8年

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク