全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

特急列車から避難 津波想定し訓練

訓練で特急列車から降りて避難する地域住民ら(11日、すさみ町周参見で)

 2011年の東日本大震災から8年となる11日、JR西日本和歌山支社は、和歌山県すさみ町周参見で南海トラフ巨大地震による津波を想定した避難訓練をした。緊急停車した特急列車から乗客を高台へと避難させた。

 電車の利用客や地域住民、JR社員らの安全を確保しようと、同町や警察などと協力して実施した。JR西日本和歌山支社では、串本町や那智勝浦町、新宮市など各地で津波に備えた避難訓練をしており、すさみ町と合同での訓練は初めてという。
 訓練は午後1時ごろ、マグニチュード9・1の南海トラフ巨大地震が発生したと想定。乗務員が走行中の特急列車を緊急停車させて、乗客に近くの高台に避難するよう呼び掛けた。
 乗客役として列車に乗っていた地元住民やJR社員ら約160人は、ドアから飛び降りたり、はしごを使ったりして降車。乗務員が「津波が来ます」「少しでも早く高台に避難して」と促し、約100メートル離れた海抜56メートルの高台まで誘導した。
 JR西日本和歌山支社の伊藤義彦支社長(54)は「列車がどこに止まるかで、どこに逃げるかは変わる。地域の方と一緒に考えられれば、一人でも多くの乗客を安全に避難させられると思う」。訓練に参加したすさみ町区長連絡協議会の成松正会長(79)は「良い経験になった。地区や町の会合でも訓練のことを紹介し、教訓を広めていきたい」と話した。
 同支社は10日、那智勝浦町のJR下里駅でも、同様の避難訓練をした。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク