全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東日本大震災追悼でサーファーら海に献花

 豊橋市の表浜海岸・小島海岸で10日、サーファーや家族、住民らが東日本大震災の被災者を追悼し、海に献花、犠牲者の冥福を祈った。

 大震災発生の翌年から毎年行われている行事。日頃、海を利用していることから津波などで亡くなった人たちを追悼しようと、サーファーや海岸に関わる人ら各種団体の代表者が発起人となって始めた。防災の意識を強くする集まりにもなっている。  この日はサーファーや釣り人ら海岸利用者や家族、地域の住民ら約180人が集まった。「追悼ビーチクリーン」として東北に思いをはせながら砂浜を歩き、空き缶、ビニール類などのごみを拾い集めた。  清掃後、発起人を代表し、坂上幸弘さんが「海で遊ばせてもらっている以上、いつ起きてもおかしくないという意識を失わないようにしたい」と呼び掛けた。「サイレンが聞こえたら、とにかく海からあがる」とも話した。  参加者は、手をつないで黙とう、祈りを捧げた後、波打ち際で手にした花を次々と流し、海に向かって手を合わせた。

関連記事

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて...

荘内日報社

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを...

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク