全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙から観る海洋プランクトン

「しきさい」が捉えた最新の三河湾の画像について説明する石坂教授=蒲郡市生命の海科学館で

 人工衛星から地球の海水にすむ植物プランクトンを測定している研究活動の講演会「宇宙から海洋プランクトンを観る」が21日、蒲郡市生命の海科学館で開かれた。名古屋大学宇宙地球環境研究所の石坂丞二教授が講師を務め、「海の生物は国境も関係なく動くのを知ることができるのが人工衛星。国際的な対策にも役立てられる」と説いた。  同研究所と同科学館の館共催イベント「体験!海洋研究最前線」の1つとして企画。石坂教授は「広く、行きづらく、変化しやすいという海。食物連鎖や赤潮、環境モニタリング、物質循環を研究する上でいつでも観測できる状況ができるのが人工衛星だった」と解説した。  石坂教授は「衛星が捉えた画像では色の違いでプランクトン量の多少が分かる。そして魚の動きを知ろうとする研究が進み出した」と説明した。  また「赤潮の動きも分かり、日本に流れてきたり、日本から流れ出る状況も確認できるため、海洋には国境がないことを理解しながら環境対策も必要」とした。  またJAXA(宇宙航空研究開発機構)が昨年12月に打ち上げた地球観測衛星「しきさい」が捉えた2月27日時点の画像も公開。「黒潮の大蛇行や三河湾内の海洋環境も知ることができて重要となる」と解説した。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク