全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙から観る海洋プランクトン

「しきさい」が捉えた最新の三河湾の画像について説明する石坂教授=蒲郡市生命の海科学館で

 人工衛星から地球の海水にすむ植物プランクトンを測定している研究活動の講演会「宇宙から海洋プランクトンを観る」が21日、蒲郡市生命の海科学館で開かれた。名古屋大学宇宙地球環境研究所の石坂丞二教授が講師を務め、「海の生物は国境も関係なく動くのを知ることができるのが人工衛星。国際的な対策にも役立てられる」と説いた。  同研究所と同科学館の館共催イベント「体験!海洋研究最前線」の1つとして企画。石坂教授は「広く、行きづらく、変化しやすいという海。食物連鎖や赤潮、環境モニタリング、物質循環を研究する上でいつでも観測できる状況ができるのが人工衛星だった」と解説した。  石坂教授は「衛星が捉えた画像では色の違いでプランクトン量の多少が分かる。そして魚の動きを知ろうとする研究が進み出した」と説明した。  また「赤潮の動きも分かり、日本に流れてきたり、日本から流れ出る状況も確認できるため、海洋には国境がないことを理解しながら環境対策も必要」とした。  またJAXA(宇宙航空研究開発機構)が昨年12月に打ち上げた地球観測衛星「しきさい」が捉えた2月27日時点の画像も公開。「黒潮の大蛇行や三河湾内の海洋環境も知ることができて重要となる」と解説した。

関連記事

宇部日報社

「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業

 室町時代に活躍した画僧、雪舟の工房があった山口市天花1丁目の市史跡「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業が10日、始まった。岡山県早島町の職人2人が年内に仕上げる。改修後の公開は来年2月1日...

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク