全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内町の幼稚園と小中学校 友好献立に笑顔

 庄内町の幼稚園と小中学校で8日、同町と友好町の宮城県南三陸町産ワカメと銀ザケを使った「南三陸町友好献立給食」が提供され、子どもたちが「おいしい」と笑顔で味わった。

 旧立川町と旧歌津町が1999年、小学生の体験交流事業などをきっかけに友好町の盟約を締結。合併で庄内町と南三陸町となって以降、あらためて盟約を締結し災害時における相互応援協定も結んだ。

 2011年の東日本大震災発生時、毎日のように庄内町から支援物資が届けられたことに「お礼がしたい」と、翌12年に南三陸町歌津漁協の漁業者がワカメを庄内町へ届けたことを機に庄内町PTA連合会が中心となって「わかめ交流事業」がスタート。毎年11月に庄内町の小中学生や保護者、教職員らが南三陸町を訪れワカメの種付けを教わるなど交流を続けている。南三陸町の海には庄内と書かれた浮きがあり、この下に伸びたワカメが毎年給食用に贈られている。

 今年は、昨年の猛暑の影響で水温が下がらず11月に種付けしたワカメが全滅。それにもかかわらず同漁協の厚意でワカメが届けられた。今年は新たに南三陸町産の銀ザケも購入。震災を忘れず、同漁協の漁業者への感謝をもってほしいと友好献立を実施した。

 この日は庄内町の5幼稚園、5小学校、2中学校でワカメのみそ汁や銀ザケ焼きが提供された。このうち、余目二小(瀬川幸子校長、児童211人)では両町の交流などについての放送を聴きながら「おいしい」と笑顔で味わっていた。昨年11月、交流事業で南三陸町を訪れた5年生の渡邉航誠君(11)は「種付けは力が必要で大変だった。漁師さんが一生懸命育てたワカメはすごくおいしい」と話していた。

南三陸町産ワカメと銀ザケを使った「南三陸町友好献立給食」が提供された=余目二小

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク