全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マオリとアイヌの交流アピールへ NZの実業家・スミスさん、日本で大型壁画芸術祭を計画

(左から)苫小牧市内などを案内した佐々木さん、道内で芸術祭を計画中のスミスさん、映像作家の柳田さん

 ニュージーランドの先住民族マオリの実業家、ジャー・スミスさん(36)が5日から9日まで千歳市や苫小牧市に滞在し、道内で開催を計画する「大型壁画芸術祭」の会場選定に向けた視察を行った。芸術祭は「マオリとアイヌをつなぐ内容」とし、2020年夏ごろにも実現したい考え。具体的な候補地絞り込みはこれからだが、スミスさんは「苫小牧は白老や(平取町)二風谷などアイヌゆかりの土地に近く、交流しやすいと感じた。最も有力な候補地の一つ」と話す。

 スミスさんは、苫小牧市と姉妹都市の盟約を結ぶニュージーランド・ネーピア市近郊などで毎年、ビルなどの高層建築物をキャンバスにマオリの伝統的な模様や芸術的センスを生かした巨大壁画を描く芸術祭を開催している。

 北海道の先住民族であるアイヌとの芸術を介した交流を模索するスミスさんは5日、神奈川県厚木市在住の映像作家柳田好太郎さん(29)と共に、ニュージーランドから国際線で新千歳空港に到着。札幌などを訪れたスミスさんらは共通のマオリの知人を介して6日、マオリと長年親交があるアイヌ文化継承グループ、苫小牧うぽぽの会長佐々木義春さん(66)と会い、白老町や平取町二風谷のアイヌ関係施設、苫小牧市内のビルなど高層建築も視察した。

 スミスさんは「マオリとアイヌの伝統的な文様に彩られたインパクトある芸術作品を街中の人や観光客に見てもらい、先住民族同士の国際的な交流をアピールしたい」と意気込む。

 視察や開催準備の様子を記録している柳田さんは「アイヌ、マオリその他のアーティスト計10人による国際的な芸術祭になると思う。市役所などを訪れて協力をお願いしている最中」と言う。

 マオリと長年交流がある佐々木さんは「いつ訪ねても親切で、温かく迎えてくれるマオリを、今度は私たちが同じように迎える番」と強調。「苫小牧で大きな芸術祭が実現することを友人として願っている」と語った。

 スミスさんらは10月下旬ごろにも来苫する予定だ。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク