全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

寺宝50点を紹介 「てらギャラ」

国宝「法然上人行状絵図」の複製パネルなどを展示している(9日、田辺市古尾で)

 和歌山県田辺市古尾の浄恩寺(石橋圭示住職)で9日、寺宝を紹介するイベント「てらギャラ」が始まった。国宝絵巻の複製のほか、同寺が所有している計約50点を展示している。10日まで。
 浄土宗、浄土宗和歌山教区が開宗850年を記念して企画した。県内では2月から、5寺で順次開催している。
 宗祖の生涯を描いた国宝「法然上人行状絵図」(京都市の知恩院所有)の複製(一部)は、高さ1・5メートル、幅4・2メートルのパネルでも展示。念仏の教えを説く様子を描いている。このほか浄恩寺が所有する寺宝として、江戸時代の弓術家・和佐大八郎の弓、貝の標本も展示。掛け軸や仏具もある。
 子ども向けとして、高さ60センチ、重さ35キロの大木魚を鳴らしたり、けさを着たりするコーナーもある。浄土宗公式マスコットキャラクター「なむちゃん」の着ぐるみも出迎え、来場者が写真撮影を楽しんだ。
 同市文里1丁目の森見寿さん(79)は「これまで寺宝をじっくり見る機会はなかったので、見応えがある」と話した。
 10日の開催時間は午前10時~午後4時で、午後2時からは大念珠繰りをする。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク