全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

故郷飯島町の小学生にリコーダー贈り38年

ソプラノリコーダーをもらった2年生と38年間贈り続けるミヤザワフルート製造の宮澤正名誉会長(中央)=飯島小学校

 「故郷とのつながりを大切にしたい」と1981年から毎年、飯島町の小学生にソプラノリコーダーを贈り続けている「ミヤザワフルート製造」(本社・東京都豊島区)の宮澤正名誉会長(76)が8日、飯島と七久保の2小学校を訪れ、今春から演奏を習う2年生計58人に現物を贈った。宮澤さんが児童に直接リコーダーを手渡すのは38年間で初。児童は「練習して上手な演奏をしたい」と喜んだ。

 宮澤さんは同町飯島出身。飯島中学校時代、恩師に吹奏楽部への入部を勧められてクラリネットと出合った。「入部の話は重荷だった」が、入部後は「楽しくて仕方ない」ほど演奏に没頭。青春を吹奏楽にささげた後、ヤマハ楽器に就職し、69年には起業してフルート作りを本格化した。

 寄贈は自社が東京にあり「出身地と疎遠にならないように」とスタート。知人の楽器メーカーから購入した新品を用意し、飯島小だけでも今までに3164本を贈った。昨年までは自社が出展するドイツでの楽器展示会とリコーダー贈呈の時期が重なり、宮澤さん自身の来校は不可能だったという。

 母校となる飯島小の感謝の会では全校児童327人のうち3年生以上がリコーダーで「喜びの歌」を演奏。6年生の新川美羽さん(12)が「もらった時はうれしかった。リコーダーは大切にし、吹ける曲を増やしたい」と感謝した。音楽室での贈呈式では2年生に新品を手渡した。

 宮澤さんは「初めは負担に思った音楽がやってみると楽しくて、楽器製造が私の人生になった」と振り返り、「飯島から世界的な音楽家が出るのが私の夢。嫌なことも一生懸命に励むと好きになり、結果が出る。ぜひ頑張ってほしい」と呼び掛けた。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク