全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

下水道処理の余熱で栽培 全国初 鶴岡で学校給食に提供

 下水道処理に伴って発生する余熱を使ってハウス栽培したホウレンソウが7日、鶴岡市の11小中学校の学校給食で初めて提供された。資源の循環を進める取り組みの一環で、「じゅんかん育ち」と名付けられたホウレンソウに子どもたちが舌鼓を打った。

 下水道資源を活用し食文化などにつなげる同市などのプロジェクト「ビストロ下水道」の取り組みの一つで、市が国土交通省の交付金などで昨年1月、市浄化センター(宝田三丁目)敷地内に広さ約260平方メートルのビニールハウスを設置。汚泥処理で発生する消化ガスを活用した発電に伴い発生する余熱を利用して、ハウス内を暖めている。同様の取り組みは他県でも見られるが、学校給食に栽培した野菜を供給するのは全国初という。

 ホウレンソウは今年1月に種をまき、約10キロを収穫。この日はエノキと卵のみそ汁の具材に使い、給食メニューとして提供された。

 11小中学校のうち、朝暘五小(工藤健一校長、児童361人)の4年1組の給食には、水の循環をPRする2019ミス日本「水の天使」の谷桃子さん(22)=慶應義塾大4年=が訪れ、一緒に「じゅんかん育ち」ホウレンソウを味わった。子どもたちは「おいしい」と次々とお代わりし、奥山直人君(10)は「循環を勉強してから食べたので、いつもよりおいしく感じた」と話した。

 市は同規模のハウスの新設を計画しており、循環型社会に理解を深める環境教育として、学校給食向け野菜の栽培拡大を目指す。

水の天使・谷さん(左から2人目)と、「じゅんかん育ち」ホウレンソウの給食を楽しむ児童たち=朝暘五小

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク