全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

オペラ劇場SUWA 11月公演へ初練習

練習に励むオペラ劇場SUWAの団員たち

 県内のオペラ愛好者でつくるオペラ劇場SUWA(三井ひかり代表)は11月18日、初公演を茅野市民館で開く。上演するのは19世紀の長崎を舞台にしたオペラの名作「蝶々夫人」。21日には練習会場の下諏訪町の諏訪神太鼓道場に、公演で指揮者を務める澤木和彦さん=東京都=を招いた初練習に臨んだ。

 劇場SUWAは、諏訪地方を拠点にした本格的なオペラ劇団をつくるため、声楽家の三井代表=諏訪市=が音楽仲間に参加を呼び掛けて今年2月に立ち上げた。合唱団、オーケストラ、独唱者の総勢約50人が初公演に向けて練習を重ねている。

 指揮者の澤木さんは本場のイタリアで声楽家、オペラの指導者として活躍し、帰国後は国内 のオペラ劇団では先駆け となる「リリカイタリアーナオペラ」を主宰し、若手オペラ歌手を育てている。オペラの普及を図るため、劇場SUWAの指導を引き受けた。

 初練習で澤木さんは「頭で考えるのではなく、感じて」「楽譜ではなく、指揮を見て」「指揮に合わせて歌って」などアドバイス。団員たちは背筋を伸ばし、真剣な表情で澤木さんの指揮を見つめて歌声をそろえた。

 三井代表は「音楽だけでなく、踊りやステージ美術などの総合芸術がオペラ。地元住民が交流を楽しむコミュニティーの場にしたい」と抱負を話した。

 合唱団員とスタッフを随時募っている。練習は月に2~3回、土日曜日と祝日に開く。6月までは発声と発音の練習を続け、7月からは仮衣装を着けた本格的な立ち稽古に移行する。問い合わせは三井代表(電話090・2148・4040)へ。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク