全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

オペラ劇場SUWA 11月公演へ初練習

練習に励むオペラ劇場SUWAの団員たち

 県内のオペラ愛好者でつくるオペラ劇場SUWA(三井ひかり代表)は11月18日、初公演を茅野市民館で開く。上演するのは19世紀の長崎を舞台にしたオペラの名作「蝶々夫人」。21日には練習会場の下諏訪町の諏訪神太鼓道場に、公演で指揮者を務める澤木和彦さん=東京都=を招いた初練習に臨んだ。

 劇場SUWAは、諏訪地方を拠点にした本格的なオペラ劇団をつくるため、声楽家の三井代表=諏訪市=が音楽仲間に参加を呼び掛けて今年2月に立ち上げた。合唱団、オーケストラ、独唱者の総勢約50人が初公演に向けて練習を重ねている。

 指揮者の澤木さんは本場のイタリアで声楽家、オペラの指導者として活躍し、帰国後は国内 のオペラ劇団では先駆け となる「リリカイタリアーナオペラ」を主宰し、若手オペラ歌手を育てている。オペラの普及を図るため、劇場SUWAの指導を引き受けた。

 初練習で澤木さんは「頭で考えるのではなく、感じて」「楽譜ではなく、指揮を見て」「指揮に合わせて歌って」などアドバイス。団員たちは背筋を伸ばし、真剣な表情で澤木さんの指揮を見つめて歌声をそろえた。

 三井代表は「音楽だけでなく、踊りやステージ美術などの総合芸術がオペラ。地元住民が交流を楽しむコミュニティーの場にしたい」と抱負を話した。

 合唱団員とスタッフを随時募っている。練習は月に2~3回、土日曜日と祝日に開く。6月までは発声と発音の練習を続け、7月からは仮衣装を着けた本格的な立ち稽古に移行する。問い合わせは三井代表(電話090・2148・4040)へ。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク