全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ヒジキの養殖始める  初めての試み

堺漁港近くでヒジキの苗を付けたロープを張る漁協組合員(7日、みなべ町堺で)

 紀州日高漁協南部町支所青年部は、和歌山県みなべ町堺の堺漁港の沖でヒジキの養殖を始めた。初めての試みで、ロープに苗を植え付けて成長させる。順調に育てば5月には収穫、出荷できる見込み。同支所は「漁業者の収入源になれば」と期待する。

 同支所によると、町内ではヒジキが生えなくなったり、成長が悪くなったりしている磯があるが、はっきりとした原因は分かっていない。再生に向けた食害対策として、ブダイを刺し網で捕ったり、ウニを除去したりもしたが、なかなか成果は上がらなかったという。
 そのため養殖事業を検討。昨年から試験もしており、1月には大分県に養殖方法の視察に行った。県の補助を受けての事業で、今回は長さ150メートルのロープ3本に苗を植え付けて養殖する。
 7日に組合員約40人が集まり、町内の磯で採ったヒジキの苗を約5センチ間隔でロープの間に挟むように植え付けた。ロープは堺漁港の防波堤沖に設置した。
 向井一二青年部長は「視察した所では苗がよく成長し、成功しているようだった。まだ始めたところなのでどうなるか分からないが、同じようにうまく育ってくれることを願っている」と話した。
 みなべ町での養殖に当たっては、県水産試験場が指導している。試験場ではヒジキの人工種苗を作る技術をある程度確立しており、今後は人工種苗を使った養殖もしていく計画という。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク