全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元ならではの観光プログラム 作り方、見せ方学ぶ

 地元ならではのプログラムを企画する新しい観光について考える「着地型商品販売PRセミナー」が6日、荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)で開かれ、参加者が講義やグループワークを通して地域ならではの商品の作り方、見せ方について理解を深めた。

 地域の魅力を着地型商品につなげ、旅行商品として企画・販売している実践者の取り組みを紹介し、今後の着地型商品の造成につなげようと庄内地域を中心とした山形、秋田、新潟の3県でつくる日本海きらきら羽越観光圏推進協議会が主催した。この日は庄内地域や新潟県の行政や観光関係者など26人が出席。

 講義とグループワークが行われ、講義では地域文化体験の予約サイトを運営するアクティビティジャパンの小川雄司社長が「予約の入りやすい体験商品の作り方・見せ方」と題して講演。小川社長は「近年は地元の裏側を知る、地域に根差したツアーや、その時そこでしか楽しむことができない体験の需要が高まっている」と説明し、ウェブサイトなどにプランを登録する際には「誰のための体験なのか明確なターゲットを設定すること。さらに利益をきちんと残す適切な価格を設定し、魅力が分かる、人を引きつける写真を掲載すること」などとポイントを紹介した。

 5日は酒田市の東北公益文科大公益ホールで同セミナーが開かれ、庄内地域やにかほ市から29人が出席した。

着地型商品販売PRセミナーが開かれ、参加者が地元ならではのプログラムについて考えた=6日、鶴岡市

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク