全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上伊那地域の高校の将来像考える 高校生実行委発足

会場のいなっせ6階ホワイエを下見する実行委員の高校生たち。地域の中学生、高校生に参加を呼び掛けていく

 県教育委員会の県立高校第2期再編を見据え、上伊那地域(旧第8通学区)の高校の将来像を検討している協議会は6日、地域の中学生と高校生から意見を聴く場(28日、伊那市)に向け、準備や運営を担う高校生の実行委員会を発足させた。県立の8高校に伊那西高、つくば開成学園高を加えた10校の代表生徒で構成。会場を下見し、リラックスして意見を出し合える雰囲気にすることを確認した。

 各校で1人ずつ選出し、生徒会役員などの2年生が名を連ねた。当日は司会やグループ討議の進行役を担当。中高生全員に渡る告知チラシのデザインやキャッチコピーも考える。メインコピーは「Let,s think(さあ考えよう)」に内定した。

 高遠高(伊那市)生徒会長の伊東沙築さん(17)は、会場について「厳格な雰囲気では意見が出ない。披露宴会場やカフェのようなイメージにしたい。音楽を流して菓子も用意したい」と提案し、賛同を得た。当日の司会進行役にも立候補。「中学生たちも参加しやすくし、上伊那の高校に何を求めているか聞きたい」と話した。

 伊那市荒井のいなっせ6階ホワイエで28日午後1時半から開く。出された意見は、産学官の代表者らでつくる協議会の議論に反映させる。事務局の上伊那広域連合は「高校生の運営によって、中高生から多様な意見が出れば」と期待している。

 この日は総合技術高校の飯田OIDE長姫高、総合学科設置校の丸子修学館高から生徒を招き、両校の特色ある学びについて理解を深めた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク