全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

テレビで注文しドローン配送 伊那市で実証実験

テレビのリモコンを操作して商品を注文する伊那ケーブルテレビジョンのスタッフ

長野県伊那市は、小型無人機ドローンを使った物流システム「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」で、伊那ケーブルテレビジョン(同市)のデータ放送を通じて商品を注文するシステムの実証実験を4~7日、同市長谷中尾で行っている。ドローンとケーブルテレビ(CATV)を組み合わせた物流システムは全国初。3月中には注文した商品をドローンで配送する実証実験も実施し、実用化に向けた取り組みを進める。

実証実験には中尾地区の6世帯が協力。インターネットに接続できる専用のセットトップボックス(STB)を設置し、CATVのデータ放送画面を見ながら買い物ができる仕組みで、今回は道の駅「南アルプスむら長谷」の商品を注文する。

受発注のシステムは伊那ケーブルテレビジョンとCATV向けのサービスを提供しているジャパンケーブルキャスト(東京)が開発。放送と通信を連携させたサービス「ハイブリッドキャスト」を活用し、インターネットやスマートフォンが使えない高齢者でも使い慣れたテレビのリモコンで操作できるようにしたのが特徴だ。

5日は同地区の中尾座で実証実験のデモンストレーションを行った。テレビ画面には商品名と値段のリストが表示され、リモコンで買いたい商品を選択。個数を決め、購入を決定した。認証など複雑な手続きは必要なく、すべてリモコンのボタン操作で注文を完了した。

同事業は通信大手のKDDI(東京)が委託を受け、ドローンを活用した荷物配送サービスの実用化を図るとともに、CATVの参画による商品受発注の仕組みづくりを進めている。高齢化が進む人口減少地域の買い物弱者支援や物流の省力化、効率化を図る狙いがある。今回の実験ではCATVスタッフが商品を運んでいるが、最終的には中心市街地と長谷や高遠町の中山間地域をドローンで結び、商品を配送するシステムの構築を目指す。

伊那ケーブルテレビジョンは「テレビ離れが指摘される中、地域密着の身近なメディアとして可能性を広げたい」と期待。実験参加者からは「意外と簡単」という声も聞かれているといい、手応えを感じていた。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク