全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

文科省の私立大改革総合支援事業 公益大4タイプで選定

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)は4日、文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」の全5タイプのうち、4タイプで選定されたと発表した。本年度に展開した各種事業が評価されたもので、4タイプ選定は北海道・東北では唯一。このうちタイプ5「プラットフォーム形成」では、「基幹校」の公益大が山形大、東北文教大などと連携して「山形県未来創造プラットフォーム」を組織。若者の地元定着率向上に向け今後、県内で雇用の増加が見込まれる職種を設定、即した人材育成を図っていく。

 吉村学長、神田直弥公益学部長、阿部公一教授(教育推進センター長)、松田憲教授(国際交流センター長)の4人が会見に臨み発表した。

会見で4タイプ選定を発表する吉村学長(左から3人目)

 公益大が選定されたのは▽教育の質的向上(タイプ1)▽他大学との広域・分野連携(同3)▽グローバル化(同4)▽プラットフォーム形成(同5)―の4タイプ。特別補助交付金としてそれぞれ1000万円程度の助成を受け、革新的な取り組みを加速する。

 山形県未来創造プラットフォームでは、いずれも県内の公益大と山形大、東北文教大、同短期大学部、鶴岡工業高等専門学校の5高等教育機関のほか、県、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県社会福祉協議会で推進するもの。雇用の増加が見込まれる「ターゲット職種」として福祉や医療、介護を設定し、地元高等教育機関への進学率、卒業生の県内就職率の向上に向け、産学官が連携し「オール山形」で人材育成を図っていく。

 公益大によると、5タイプ選定は東京都市大学のみで、4タイプは公益大を含め全国で10校。吉村学長は「公益大は地方にある社会科学系単科大で学生数も900人弱と小規模ながら、国から高い評価を受けた。国内トップクラスの大学が酒田にあるということを多くの人から知ってもらいたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク