全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

徳之島町ふるさと納税、バレイショを緊急PR

返礼品のバレイショを拡充した徳之島町ふるさと納税(町提供)

 2018年産バレイショの市場価格が3月に入って低迷していることを受け、鹿児島県徳之島町(徳之島)は16日、ふるさと納税の返礼品でバレイショを1種類から5種類に拡充した。町側は「旬を迎えたバレイショをPRし、価格の安定に少しでも貢献できれば」としている。

 今期産バレイショのキロ当たり農家手取り額は、出荷が始まった2月上旬は130円と平年並みだったが、3月以降は他産地の出荷が重なって価格が下落した。島内の業者によると、19日現在、農家手取り額は50円前後となっている。

 ふるさと納税でのバレイショの返礼品は、寄付額1万円に対する10キロの1種類に、▽20キロ(寄付額1万5千円)▽50キロ(同5万円)▽100キロ(同5万円)▽200キロ(同10万円)を加えた。すでに20キロの注文もあったという。

 徳之島町は17年度、約3トンのバレイショを返礼品で届けている。企画課担当者は「来年も必ず食べたくなる自慢の返礼品として、継続して全国にPRしていく」と話していた。

関連記事

長野日報社

長野県内11年連続で減少 野生鳥獣の農林業被害

2018年度の長野県内の野生鳥獣による農林業被害は7億9500万円で前年度比約4000万円、4・9%減となり、11年連続で減少していることが県のまとめで分かった(速報値)。県鳥獣対策・ジビエ振...

豊橋祇園祭打ち上げ花火大会

 豊橋に夏の訪れを告げる「豊橋祇園祭」同奉賛会主催のハイライト、打ち上げ花火大会が20日夜、豊橋市中心街の豊川河川敷で行われ、東三河最大級の約1万2000発が夜空を華麗に彩った。  心配された雨も...

荘内日報社

NZ交流へビジネスプラン 公益大生が特別授業

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の2、3年生16人が19日、同市の県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)を訪問、「ニュージーランドホストタウン事業を切り口とした地方創生を実現する商品開発」を統一テーマ...

紀伊民報社

新田辺駅、23日利用開始

 JR西日本は、建て替え工事中のJR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)のコンコース(通路を兼ねた広場)と構内待合室の利用を23日の始発から開始する。改札は2018年11月から使用している。8月7日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク