全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

シナノキの活用考察

 しな織の里・鶴岡市関川の住民や産学官で未利用資源の活用として開発に取り組んできたしなの花化粧品など、シナノキの活用を考える「関川しなの木と花・郷フォーラム」が3日、同市末広町のマリカ1階つるおか食文化市場FOODEVER(フーデェヴァー)で開かれた。

 関川では、自治会や住民、市などと連携した「しなの花活用プロジェクト研究会」(会長・五十嵐茂久自治会長)を2016年に組織。3カ年の国の農山漁村振興交付金事業の助成金などを活用してシナノキの花の成分分析や機能性の調査を研究機関へ委託。認められた抗酸化作用などから「化粧品としての可能性が期待できる材料」として化粧品開発に乗り出した。製造委託費の出資を募ったクラウドファンディングでは目標を約25%上回る金額を集めて成立。乾燥させたシナノキの花から蒸留して得た抽出成分をもとに作成した化粧水とせっけんがこのたび完成した。

 商品は4日から市内などで一般販売スタート。関川に関わる若者ら4人でつくる企業組合法人「羽越のデザイン企業組合」(冨樫繁朋代表理事)が販売を担う。

 しなの花活用プロジェクト研究会と羽越のデザイン企業組合が共催したこの日のフォーラムは約20人が参加。事業に関わった行政や研究機関の担当者が事業経過をはじめ、シナノキの花の資源量や成分のメタボローム解析、官能評価の結果などを紹介。最後に商品のお披露目として関川出身で羽越のデザイン副理事、五十嵐丈さん(25)が「ローカル、オーガニック、エシカルにこだわって作った化粧品。今後もしなの花や木の活用を探りながら取り組んでいく。応援を」とPRした。

 続いてその場で商品の一般販売も行われた。東北公益文科大4年の高橋楓稀さん(23)は「プロジェクトの話を聞いて、取り組みを応援したいと購入。化粧水も試用したところさっぱりしていていいと思う」と話していた。

 商品は、4日から販売開始。せっけん(80グラム)は税別1500円、化粧水(100ミリリットル)は税別3000円。温海地域の温泉旅館や店舗、ホームページURL=https://umupj.shop-pro.jp/=でも販売している

完成したしなの花化粧品をPR

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク