全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤土流出防止の役割学ぶ 畑と海つなぐサンゴまつり

サンゴを守るため陸域の赤土流出防止に向けてサトウキビの株出しほ場で補植を行う家族連れ=3日午前、崎枝

 赤土が流出する陸域からサンゴ保全を考える「畑と海をつなぐサンゴのまつり2019」(石西礁湖サンゴ礁基金、崎枝公民館、芝浦工業大学共催)が3日、崎枝地域内で開かれ、参加者がサトウキビの株出しほ場における補植や、ヒマワリの種まき体験などを通して赤土流出防止の役割を学んだ。

 サトウキビ畑の補植体験には親子連れなど約70人が参加。担当者から芽が出ない株を入れ替えて植える補植によって、収量を増やす効果と赤土流出を抑える役割の説明を受けながら、ほ場に約1000株の苗を丁寧に補植。終了後は、別のほ場で流出防止に効果があるヒマワリの種をまいた。ヒマワリは開花後にすき込んで肥料として利用することもできるという。

 崎枝公民館では、飲食や観葉植物の販売ブースが出店。サンゴと赤土に関する展示コーナーやライブも行われた。

 家族で補植体験に参加した森優太君(6)=真栄里=は「(苗を)初めて植えれて楽しかった。畑の土を踏むのも楽しい」と喜んだ。

 石西礁湖サンゴ礁基金の鷲尾雅久氏は「陸域の問題を解決しないとサンゴは衰退するので、サンゴを守るための対策が重要なことを知ってほしい」と呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

「なつぞら」商品続々 限定ポテトチップス 士幌高生も協力

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送開始を控え、カルビー(東京)は作品の舞台となる十勝産が原料のポテトチップスじゃがバター味、焼きとうもろこし味を期間限定で全国発売する。士幌高校農業クラブの生...

宇部日報社

SLやまぐち号出発、春の観光シーズン幕開け

 SLやまぐち号の運行開始に合わせ23日、山口市小郡のJR新山口駅で記念イベントが開かれた。1979年8月に山口線に投入されて以来40周年を迎えた今年のSL運行を、県内外のファンらが祝った。山口...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク