全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子どもたちの笑顔輝く 石垣市子どもセンターまつり

 児童館に通う子どもたちの成長や日ごろの様子を発信する「第9回石垣市子どもセンターまつり」(同センター主催)が2日、市健康福祉センターで開かれ、舞台では歌や踊りなどが披露された。物づくり体験コーナーやバザーもあり、来場した親子が楽しい時間を過ごした。

 三線クラブの演奏でオープニング。中山義隆市長があいさつし、「多くの子どもにセンターを利用してもらい、今後も子どもたちの笑顔が続くような施設であってほしい」と発展を願った。  舞台では、演劇ワークショップを通したコミュニケーション能力の向上を目的に、教育事業を展開する劇団㈱チームスポットジャブル=宜野湾市=の協力を受け、小学校の児童25人がジェスチャーゲームを披露した。

 児童は、この日のために3回のワークショップで演題からシナリオまで自分たちで構成。観客参加型のクイズ形式で、水泳など体育の授業のシーンをジェスチャーで伝え、来場者に答えてもらった。  舞台に立った前里玲那さん(9)は「子どもからお年寄りまで分かりやすいジェスチャーにしたかった。プールでの動きを思い浮かべ、メンバーみんなで内容を決めた」と満足そう。

 ファシリテーターとして児童らをサポートした同劇団の島袋寛之さんは「最初は話も聞かなかった子が、段取りを決め発表できるようにまでなった。ものすごい伸びだと思う。こうした過程が成功体験につながる」と手応えを実感した様子。

 同センターは2010年2月に開所。利用登録者数は年々増え、本年度は1100人、延べ利用者数2万2161人(1月末時点)となっている。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク